コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捕食者 ほしょくしゃpredator

翻訳|predator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

捕食者
ほしょくしゃ
predator

諸種の動物間において,ライオンがキリンその他を,ネコがネズミを,またカマキリが小昆虫を食うように,一方の動物が他の動物を捕え食う場合の前者をさしていう。後者は被食者 preyである。捕食者と被食者との関係は食物連鎖を考えるうえの基礎となり,食物連鎖で捕食者が上位とされる。植物や菌類のうち,モウセンゴケウツボカズラサラセニアなどの食虫植物や,線虫捕食菌のような糸状菌も,広義には捕食者ということができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほしょく‐しゃ【捕食者】

他の動物をえさとして捕食する動物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほしょくしゃ【捕食者】

生物界で、他種の生物を捕食する生物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の捕食者の言及

【餌】より

… 何を餌とするかは動物によって異なり,動物を食べるもの(肉食),植物を食べるもの(草食),両方を食べるもの(雑食)などの区別がある。とくに生きた動物を捕らえて食う場合を捕食predationと呼び,食うほうを捕食者predator,食われるほうを獲物(または被食者)preyという。食うものと食われるものとの関係は食物連鎖を形成して自然界の生態的平衡を維持するうえで重要な役割を果たしている。…

※「捕食者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

捕食者の関連キーワードニコルソン‐べイリーモデルロトカ‐ヴォルテラの式チリ被壁蝨・チリ被壁虱ホソチョウ(細蝶)アミメニシキヘビヴォルテラの式ディニクティスミュラー擬態マスティングベイトボール標識的擬態プレデター恐竜温血説生態的地位隠蔽的擬態周期ゼミ生物濃縮モビング化学擬態ボルテラ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

捕食者の関連情報