コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠蔽的擬態 インペイテキギタイ

デジタル大辞泉の解説

いんぺいてき‐ぎたい【隠蔽的擬態】

動物の擬態の一。尺取り虫が小枝に似せる例のように、目立たない色や行動をして捕食者の攻撃を回避する擬態。隠蔽擬態。ミメーシス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いんぺいてきぎたい【隠蔽的擬態】

動物の擬態の一。無生物体や、捕食者の関心をひかないような他の動植物に似る場合をいう。ミメシス。 → 標識的擬態

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の隠蔽的擬態の言及

【擬態】より

…ある種の生物が自分以外の何物かに外見(色,模様,形)やにおい,動きなどを似せることにより,生存上の利益を得る現象をいう。その機能によって隠蔽的擬態,標識的擬態,種内擬態などが区別される。
[隠蔽的擬態mimesis]
 保護色ともいい,外見を周囲の色や模様に似せて外敵から隠れるものをさす。…

※「隠蔽的擬態」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

隠蔽的擬態の関連キーワード標識的擬態ミメシス