コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

模倣説 モホウセツ

デジタル大辞泉の解説

もほう‐せつ〔モハウ‐〕【模倣説】

社会的な結合模倣を基盤として成立するという社会学説。フランスのタルド提唱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もほうせつ【模倣説】

社会の結合関係は模倣を基本的要因として成り立つとするタルドの社会学説。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

模倣説の関連キーワード詩学(アリストテレスの著作)模倣(文学・芸術)ブライティンガー心理学的社会学詩学(文学)フラカストロ犯罪社会学自然模倣説前方後円墳芸術創作詩学再現土器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

模倣説の関連情報