コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

模造金 もぞうきんimitation gold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

模造金
もぞうきん
imitation gold

金の代用とする銅合金。多くはアルミ青銅系統で,アルミニウム (5~10%) のほか,少量のコバルト,ニッケルスズなどを加え,高級品では本物の金を5~10%加調する。色沢,感触とも金に似ているが,軽量で,機械的には通常の金合金より強い。用途は金代用の美術工芸品,装身具が主で,箔やにもつくる。耐食性はかなりよいが,硫化ガスには侵されるから,特に変色を防ぐ場合はラッカー塗装やプラスチックコーティングを施す。粉は塗料に混ぜて金色塗装に用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

模造金の関連キーワードアルミニウム青銅

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android