コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感触 カンショク

デジタル大辞泉の解説

かん‐しょく【感触】

[名](スル)
外界の物事に触れて心に感じること。
「自己以外のものの生命の存在に―して以来」〈倉田愛と認識との出発
物事の雰囲気などからそれとなく受ける感じ。印象。「議案が通りそうな感触を得る」
手や肌に触れた感じ。手ざわり。肌ざわり。「カシミアの柔らかい感触

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんしょく【感触】

( 名 ) スル
手や体が他のものにふれた時に得られる感じ。はだざわり。手ざわり。触感。 「つるつるした-」 「絹の布の柔らかな-」
外界からの働きかけによって心に感じること。感覚。 「輓近ちかごろ何事に-したのか/当世書生気質 逍遥
相手の態度などからそれとなく感じとれるもの。 「確かな-が得られた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

感触の関連キーワードジョーゼフ ウエクスバーグバレンクラゲ(馬簾水母)ウミケムシ(海毛虫)soft touchタッチ[touch]ノキシノブクラゲウーリーナイロンカツオノカンムリ濁り酒/おり酒オトヒメゴカイキューカンバーミズヒキゴカイバレンクラゲじゃりじゃりテクスチャーアクリル繊維むにゅまくら当世書生気質オヨギゴカイソフトタッチ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感触の関連情報