権利行使価格(読み)ケンリコウシカカク

デジタル大辞泉 「権利行使価格」の意味・読み・例文・類語

けんりこうし‐かかく〔ケンリカウシ‐〕【権利行使価格】

新株予約権付社債オプション取引で、事前に取り決められた価格のこと。その価格で保有者の所有する、通貨債券株式などを売買できる。行使価格権利行使価額。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

株式公開用語辞典 「権利行使価格」の解説

権利行使価格

ワラントやオプション取引等で、保有者が権利を行使するときの価格のことを意味します。価格は、その時の市場価格に関係なく、あらかじ発行会社により決められています。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android