市場価格(読み)しじょうかかく

百科事典マイペディア「市場価格」の解説

市場価格【しじょうかかく】

市場競争によって,需給が一致するように形成される価格。競争価格ともいい,独占価格と区別される。競争価格は市場での商品の需要量と供給量の合致するところに定まるが,需要量と供給量の相対的変化に対応して価格も変動する。また価格が逆に需給量を決定する作用もする。競争市場における価格の不安定な変動も,長期的には生産価格を軸に上下する。
→関連項目価格需要・供給の法則

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「市場価格」の解説

しじょう‐かかく シヂャウ‥【市場価格】

〘名〙 資本制社会において、市場における競争、需要と供給との関係を通じて形成され変動する価格。市価マーケットプライス。〔最新百科社会語辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「市場価格」の解説

しじょう‐かかく〔シヂヤウ‐〕【市場価格】

市場において、需要と供給との関係によって現実に成立する価格。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「市場価格」の解説

しじょうかかく【市場価格 market price】


[近代経済学]
 を需要すると供給する側が相つどう市場において形成される価格をいう。それは第1に,需要と供給双方の力関係に依存し,したがって需給の変動とともに変化する。たとえば供給量が不変で需要量のみが増加したときには市場価格は騰貴し,逆に供給量のみが増加したときには市場価格は下落することが多い。一般に,市場価格は相対的概念である財の価値を推し量るための重要な指標であるといえる。第2に,市場価格は市場の状態,すなわち需要側・供給側それぞれの内部構成がどのようなものであるかに影響される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android