コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横江成刀自女 よこえの なりとじめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横江成刀自女 よこえの-なりとじめ

日本霊異記(りょういき)」にみえる女性。
越前(えちぜん)加賀郡畝田(うねだ)村(金沢市)の人。男たちとの情交をくりかえし,若くして死去。宝亀元年(770)寂林法師の夢の中に出現し,子に乳をあたえなかった罪で乳房がはれ,膿(うみ)がでる病の報いをうけていると告げる。この夢を寂林からおしえられた子供たちの供養により母の罪はあがなわれたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android