情交(読み)じょうこう

精選版 日本国語大辞典「情交」の解説

じょう‐こう ジャウカウ【情交】

〘名〙
① 親密な交際。親しいつきあい。
※四河入海(17C前)一七「唐は同年に及第をしつれば、後まで情交が深ぞ」
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉二「されば親方と徒弟との間掬すべき情交少なく」 〔文心雕龍‐定勢〕
② 男女の恋愛。また、倫理にはずれた男女の肉体関係。色情のまじわり。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「彼婦をして十分わが術中におとしいれて、其情交(ジャウカウ)の密なること膠漆の如くならしむるには」

なさけ‐まじり【情交】

〘名〙 情が加わっていること。情があるらしくふるまうこと。
※浮世草子・懐硯(1687)三「つらからばただ一筋につらからで情(ナサケ)まじりの偽をまことと思ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「情交」の解説

じょう‐こう〔ジヤウカウ〕【情交】

[名](スル)
心を許した交際。親しい交際。
「―倍々(ますます)厚からしむるも」〈織田訳・花柳春話
男女の親密な交際。また、男女の肉体的な交わり。「情交を結ぶ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android