コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横編機 よこあみきflat knitting machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横編機
よこあみき
flat knitting machine

平面状の針床を用い,カムを装着したキャリッジを運動させることによって緯 (よこ) メリヤスを編む機械。2つの針床を有するものが多く,2つの針床を逆V字型に対向させたVベッド機と,同一水平面内で対向させた平型パール編機とがある。横編機は編幅の増減が可能で成形編地をつくることができ,柄出しの範囲も広い。手動,半自動,自動の各種があり,電子式柄出し装置を備えたものもある。家庭用編機は横編機の一種であって,水平な針床1個を備え,一般に工業用編機に比して太い針を用いていて,針間隔も大きい。パンチカードやパターンカードによって自動的に模様編みができるようにしたもの,レース編み装置や色糸交換装置を備えたもの,ゴム編み用に2個の針床を備えたものなどがつくられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

横編機の関連キーワードジャージー(メリヤス)靴下編機機械編

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android