コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樹枝状結晶 ジュシジョウケッショウ

デジタル大辞泉の解説

じゅしじょう‐けっしょう〔ジユシジヤウケツシヤウ〕【樹枝状結晶】

樹の枝のようなパターンで発達・成長した結晶。冬場のガラス窓に付く霜、石灰岩表面の忍ぶ石電気分解において電極に析出する金属結晶などに見られる。樹枝状晶デンドライト

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

樹枝状結晶の関連キーワード雪(snow)樹枝状連晶半導体

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樹枝状結晶の関連情報