コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樹枝状晶 ジュシジョウショウ

デジタル大辞泉の解説

じゅしじょう‐しょう〔ジユシジヤウシヤウ〕【樹枝状晶】

樹枝状結晶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅしじょうしょう【樹枝状晶 dendrite】

金属や合金などの溶融液が凝固する場合に生ずる結晶の形状の一つで,樹枝状に発達したもの。デンドライトともいう。溶融液の凝固が起こりはじめるのは,液の温度が融点よりもある程度低く(両温度の差を過冷度という)なったときであるが,樹枝状晶は,過冷度が広い範囲にわたって大きい場合に生じる。このような場合には,凝固潜熱が溶融液中に継続して吸収されうるため,固相は三次元的に成長できる。固相の成長速度は結晶方向によって異なるので,固相のある個所に突起部が生じる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

樹枝状晶の関連キーワードチェルノフ(Dmitriy Konstantinovich Chernov)結晶成長

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android