橋本策(読み)はしもと はかる

  • 橋本策 はしもと-はかる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1881-1934 明治-昭和時代前期の医学者。
明治14年5月5日生まれ。九州帝大の三宅速(はやし)教授もとで研究。明治45年ドイツの医学誌にリンパ性甲状腺腫に関する論文を発表,のち「橋本病」と命名され,国際的に評価された。ヨーロッパ留学後,大正5年三重県で橋本病院を開業。昭和9年1月9日死去。54歳。三重県出身。京都帝大福岡医大(のちの九州帝大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の橋本策の言及

【甲状腺】より

…治療にはアスピリンやステロイドが用いられる。慢性甲状腺炎は,1912年橋本策(はかる)によって初めて報告され橋本病とも呼ばれているが,代表的な臓器特異性自己免疫疾患として知られている。中年以降の女性が圧倒的に多いが,10歳ころから患者の発生がみられる。…

※「橋本策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android