コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本病 はしもとびょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橋本病
はしもとびょう

橋本策 (さかる) が 1912年に報告した慢性甲状腺炎甲状腺が結節性に腫大し,甲状腺機能の低下が生じることが多い。甲状腺機能低下症に陥ると,血液中の甲状腺ホルモンが不足するため,新陳代謝が低下し,心身両面での活動性が低下する。無気力になり,記憶力が減退し,常に眠けを覚えるようになり,話し方も緩慢になる。皮膚は蒼白で浮腫状になるが,圧痕は残らない。代表的な自己免疫疾患で,中年婦人によく発生する。乾燥甲状腺末の内服で機能低下を予防または治療できる。また,甲状腺腫が縮小する例がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

橋本病

自己抗体(抗サイログロブリン抗体、抗マイクロゾーム抗体)が自己の体内の甲状腺を破壊し、それにより甲状腺ホルモンの分泌が低下して様々な症状を引き起こす自己免疫疾患の一つ。1912年(大正元年)に九州大学の橋本策(はかる)氏が発見したため、この名前がつけられた。慢性甲状腺炎ともいう。甲状腺機能低下症の代表的な疾患である。ただし、橋本病のすべてが甲状腺の機能低下を伴うわけではなく、機能異常がみられるのは全体の約4割といわれている。女性に多い。これとは逆に、甲状腺の機能が活発になる甲状腺機能亢進症の代表的なものに、バセドウ病がある。
橋本病の症状で特徴的なのは、甲状腺の腫れである。また、甲状腺機能が低下すると、甲状腺ホルモンが不足するため新陳代謝が低下し、寒い、疲れやすいなどの全身症状が現れる。その他、脈拍が少なくなる、息切れがするなどの循環器症状、食欲低下、便秘などの消化器症状、皮膚の乾燥や脱力感、筋力低下などの症状も現れる。コレステロールの上昇や肝障害、貧血を起こすこともある。もの忘れや無気力などの神経・精神症状を来すこともあり、認知症の原因の一つになるともいわれている。甲状腺の機能低下が伴わない場合は、自覚症状もなく薬物治療の必要はないが、機能低下による前記のような症状が現れた場合は、甲状腺ホルモン剤による治療が必要になる。日本甲状腺学会の診断ガイドラインでは、「バセドウ病等の他の原因がみられない『びまん性(広範な)甲状腺腫大』」といった臨床所見と、「(1)抗甲状腺マイクロゾーム抗体陽性(2)抗サイログロブリン抗体陽性(3)細胞診でリンパ球浸潤を認める」といった検査所見のうち1つ以上を有するものを「慢性甲状腺炎」と診断するなどとしている。

(小林千佳子 フリーライター / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

はしもと‐びょう〔‐ビヤウ〕【橋本病】

自己免疫が原因で甲状腺が腫(は)れる病気。30~50歳代の女性に多く、慢性に進行し、甲状腺の機能は正常であることが多い。大正元年(1912)外科医の橋本策(はかる)[1881~1934]が報告。慢性甲状腺炎。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はしもとびょう【橋本病】

〔1912年、外科医橋本策(1881~1934)により報告されたことから〕
びまん性の甲状腺腫を主な症状とする代表的な自己免疫疾患。甲状腺の組織は炎症性の変化を示す。男女比は一対二〇で女性に多く、三〇~五〇歳代に好発する。慢性甲状腺炎。 → 自己免疫疾患

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋本病
はしもとびょう

1912年ドイツの医学雑誌に外科医の橋本策(はかる)(1881―1934)がリンパ腫(しゅ)性甲状腺腫(せんしゅ)の名のもとに発表した疾患。慢性甲状腺炎と同義の疾患である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の橋本病の言及

【甲状腺】より

…治療にはアスピリンやステロイドが用いられる。慢性甲状腺炎は,1912年橋本策(はかる)によって初めて報告され橋本病とも呼ばれているが,代表的な臓器特異性自己免疫疾患として知られている。中年以降の女性が圧倒的に多いが,10歳ころから患者の発生がみられる。…

※「橋本病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

橋本病の関連キーワード慢性甲状腺炎(橋本病/自己免疫性甲状腺炎)甲状腺シンチグラフィー自己免疫性甲状腺炎シェーグレン症候群橋本病の名前の由来特発性粘液水腫甲状腺疾患頸部腫瘤橋本 策補体

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android