コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘以政 たちばなの もちまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘以政 たちばなの-もちまさ

?-? 平安時代後期の官吏。
筑前守(ちくぜんのかみ),摂津守,中宮亮(ちゅうぐうのすけ)などを歴任。父橘以長の死後,嘉応(かおう)元年(1169)から氏長者(うじのちょうじゃ)。養和元年九条兼実(かねざね)の家司(けいし)となり,文治(ぶんじ)3年造興福寺次官に任じられた。正四位下。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

橘以政

生年:生没年不詳
平安末期・鎌倉初期の官人。筑後守橘以長の子。後白河天皇の六位の蔵人を経て,肥前,筑前,摂津などの国司を歴任。正四位下に至る。父より橘氏の氏長者を受け継ぐ。九条,近衛などの摂関家の家司。建仁2(1202)年ごろまで生存が確認できる。

(渡辺晴美)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android