コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘月 タチバナヅキ

2件 の用語解説(橘月の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐づき【×橘月】

陰暦5月の異称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の橘月の言及

【タチバナ(橘)】より

…【山田 彬雄】
[民俗]
 タチバナのタチ(立ち)は神霊の顕現することで,橘は神霊があらわれて農事の開始を告げる聖なる花の意味であると考えられる。この花の咲く陰暦5月は橘月ともよばれ,人々はこの花を見て農事を開始したのだが,勧農鳥とされるホトトギスも橘に来て鳴くものとされた。橘は蜜柑(みかん)の古名とされ,記紀には垂仁天皇が田道間守を常世国(とこよのくに)に遣わして取りにいかせた〈非時香菓〉は〈今の橘〉とある。…

※「橘月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone