コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘正通 たちばなの まさみち

1件 の用語解説(橘正通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘正通 たちばなの-まさみち

?-? 平安時代中期の官吏,漢詩人。
橘実利の子。源順(したごう)にまなぶ。天禄(てんろく)(970-973)のころ加賀掾(じょう),のち宮内少丞となる。また侍読として具平(ともひら)親王の教育にあたる。遁世の思いを託した漢詩をつくった。字(あざな)は能。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

橘正通の関連キーワード紀文正惟宗孝言高階積善仲雄王藤原篤茂藤原輔尹藤原成季源孝道源時綱三善道統

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone