コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遁世/遯世 トンセイ

デジタル大辞泉の解説

とん‐せい【×遁世/×遯世】

[名](スル)《古くは「とんぜい」》
隠棲して世間の煩わしさから離れること。「―して庵をむすぶ」
俗世間を逃れて仏門に入ること。出家。とんせ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とんせい【遁世】

世間を逃れること。世を捨てること。〈とんぜ〉ともいう。世した人のことを,〈とんせいしゃ〉〈とんぜいじゃ〉といい,中世には多くの遁世者が現れ,宗教者としてだけでなく,文学,芸能の面でも活動した。仏教のたてまえからすれば,出家して寺院に入ることは,遁世することであった。しかし,仏教を高度な外来文化を総合するものとして受容した日本では,寺院と僧侶は国家や貴族社会からさまざまな規制を加えられたために,寺院は第二の世俗というに近く,出家することは遁世にならなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

遁世/遯世の関連キーワード海人の刈藻・海人の苅藻苅萱桑門筑紫𨏍海老名南阿弥増賀・僧賀海人の苅藻小笠原政康花の下連歌佐々木高綱佐々木信綱吉野拾遺仁木満長擬古物語三国伝記横笛草紙北条義政紫の一本世捨て人三人法師吉田兼好草庵文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android