遁世/遯世(読み)トンセイ

デジタル大辞泉の解説

とん‐せい【×遁世/×遯世】

[名](スル)《古くは「とんぜい」》
隠棲して世間の煩わしさから離れること。「―して庵をむすぶ」
俗世間を逃れて仏門に入ること。出家。とんせ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とんせい【遁世】

世間を逃れること。世を捨てること。〈とんぜ〉ともいう。世した人のことを,〈とんせいしゃ〉〈とんぜいじゃ〉といい,中世には多くの遁世者が現れ,宗教者としてだけでなく,文学,芸能の面でも活動した。仏教のたてまえからすれば,出家して寺院に入ることは,遁世することであった。しかし,仏教を高度な外来文化を総合するものとして受容した日本では,寺院と僧侶は国家や貴族社会からさまざまな規制を加えられたために,寺院は第二の世俗というに近く,出家することは遁世にならなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android