橘薗(読み)たちばなのその

世界大百科事典 第2版の解説

たちばなのその【橘薗】

摂津国川辺郡(現,尼崎市立花,久々知から伊丹市森本,北村付近)の散在薗地。住民は橘,柑子(こうじ)などを摂関家に納め,代りに得た役田を耕作して国役免除の特権を得,しだいに荘園化した。1062年(康平5)関白藤原頼通の春日詣のさい,裹飯(つつみいい)200果を負担している。これが初見で,高陽院領を経て近衛家領となり,近衛基通は浄土寺門跡となった子円基に1227年(安貞1)譲った。以来,浄土寺門跡領として他の侵略をうけながら,一部は応仁の乱後まで存続した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報