柑子(読み)コウジ

デジタル大辞泉の解説

こう‐じ〔カウ‐〕【×柑子】

《「かんじ」の音変化》
ミカン科の小高木。果実は濃い黄色で、酸味が強い。日本で古くから栽培され、現在は山陰地方から北陸地方にみられる。こうじみかん。 実=秋 花=夏》「仏壇の―を落す鼠かな/子規
柑子色」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうじ【柑子】

〔「かんじ」の転〕
ミカンの一種。葉は小さい。果実はウンシュウミカンより小さく、果皮は黄色ないしオレンジ色で薄い。果肉は淡黄色で酸味が強い。コウジミカン。 [季] 秋。
かさねの色目の名。表裏ともに濃い朽ち葉色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

柑子 (コウジ)

植物。ヤブコウジ科の常緑低木,園芸植物。カラタチバナの別称

柑子 (コウジ)

植物。ミカン科の常緑低木,園芸植物。タチバナの別称

柑子 (コウジ・カンジ)

学名:Citrus leiocarpa
植物。ミカン科の常緑低木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柑子の関連情報