コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛状組織 くしがたそしきcomb texture, comb layering

岩石学辞典の解説

櫛状組織

脈や割れ目の両側の壁から,空洞の中に垂直に同じ方向に柱状結晶が成長し,結晶が櫛(くし)のように集合した層が割れ目をほとんど埋めた組織[Park & Mac-Diarmid : 1964].結晶は同じ伸長方向を持ち,やや曲がって枝分かれし長く伸びている.結晶の伸長方向に縞状や層状などとなり,結晶は層状構造の面から60度ないし90度に傾斜している[MacKenzie, et al. : 1982].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android