欄干・欄檻・闌干(読み)らんかん

精選版 日本国語大辞典「欄干・欄檻・闌干」の解説

らん‐かん【欄干・欄檻・闌干】

〘名〙 橋または縁側・階段・桟敷(さじき)などの側辺に、縦横に木を渡して人の落ちるのを防ぎ、また装飾とするもの。てすり。おばしま。
本朝無題詩(1162‐64頃)六・西院亭子言志〈源経信〉「雨初晴倚欄干見、見取農夫各就田」 〔後漢書‐爰延伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android