側辺(読み)わきひら

精選版 日本国語大辞典「側辺」の解説

わき‐ひら【側辺】

〘名〙 かたわら。わきの方。そばひら。
※玉塵抄(1563)二七「は和尚さまの化がわかれてそばよこえ一枝の仏法がわきひらえひろまらう瑞相ぢゃといわれたぞ」

そば‐あたり【側辺】

〘名〙 まわり。近く。近所。付近
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)張周趙任申屠第一二「史は物かきしたりなんどして、そはあたりにいるやうなものぞ」

そく‐へん【側辺】

〘名〙 かたわら。側面。へり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「側辺」の解説

わき‐ひら【側辺】

わき。かたわら。
「これ親父様、お泊りなら―見まい」〈盛衰記

そく‐へん【側辺】

かたわら。へり。側面。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の側辺の言及

【角錐】より

…これらの三角形とはじめの多角形とで囲まれた立体を角錐といい,これらの三角形を側面,はじめの多角形を底面という。さらに,定点を頂点,頂点と底面の距離を高さ,側面の交線を側辺または側稜という。底面がn角形である角錐をn角錐という。…

【角柱】より

…空間内に一つの多角形とその多角形の平面に平行でない一つの直線が与えられたとき,多角形を直線に沿って平行に移動していくことにより得られる立体図形を角柱という。はじめの多角形と移動の最後に現れる多角形とを底面,両底面間の距離を高さ,はじめの多角形の各辺の平行移動によってできる平行四辺形を側面,側面の交線を側辺または側稜という。底面がn角形である角柱をn角柱,底面と側面が直交する角柱を直角柱,底面が正n角形である直角柱を正n角柱という。…

※「側辺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android