コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

次世代交通システム じせだいこうつうシステムintelligent transport system; ITS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

次世代交通システム
じせだいこうつうシステム
intelligent transport system; ITS

最先端の情報通信技術を駆使して,安全で運転しやすく,経済的で環境にもやさしい車社会の実現を目指すシステム。現在のカーナビゲーションに加え,道路交通情報のリアルタイム提供,自動運転料金所での自動収受,公共交通優先のための信号制御などの開発を行う。ヨーロッパの自動車メーカーと研究機関が 1986年以来,進めてきたプロメテウス計画をさきがけとして,アメリカや日本でも研究がなされている。日本では 96年4月,道路交通情報通信システム (VICS) サービスが首都圏でスタートした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

次世代交通システムの関連キーワード最先端

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

次世代交通システムの関連情報