自動運転(読み)ジドウウンテン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自動車の運転を自動的に行うこと。日本の自動運転レベルの定義は、SAE Internationalが発行しているJ3016という文書で定義されているものをそのまま採用している。

レベル0 ドライバーがすべてを操作
レベル1 【運転支援】システムがステアリング操作、加減速のどちらかをサポート
レベル2 【運転支援】システムがステアリング操作、加減速のどちらもサポート
レベル3 【自動運転】特定の場所でシステムがすべてを操作、緊急時はドライバーが操作
レベル4 【自動運転】特定の場所でシステムがすべてを操作
レベル5 【完全自動運転】場所の限定なくシステムがすべてを操作
 ここでの規定はハンドル、アクセル、ブレーキ、灯火類の操作が基本となっているが、運転にはより上位の認知機能が必要である。たとえば、信号、交通標識などを認識したり、他車の意図の推定などを通して自車の速度も設定しなければならない。さらに上位にはルート、車線等の選定が必要であるし、最上位には目的地の設定がある。

[中島秀之 2019年8月20日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動運転の関連情報