コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

次世代超音速旅客機 じせだいちょうおんそくりょかくきNext‐generation High‐Speed Civil Transport

知恵蔵の解説

次世代超音速旅客機

スピードこそ航空輸送特質である。マッハ2の超高速で巡航するコンコルド運航は2003年10月に終了したが、経営的に成立するマッハ2〜3の高速旅行の再開を目指して、日仏共同で次世代超音速旅客機(HSCT)やそのためのバリアブル・サイクル・エンジンなどの研究が進められている。膨大な開発費、原油高など、実現へのハードルは高い。

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android