コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

次世代超音速旅客機 じせだいちょうおんそくりょかくき Next‐generation High‐Speed Civil Transport

1件 の用語解説(次世代超音速旅客機の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

次世代超音速旅客機

スピードこそ航空輸送の特質である。マッハ2の超高速で巡航するコンコルドの運航は2003年10月に終了したが、経営的に成立するマッハ2〜3の高速旅行の再開を目指して、日仏共同で次世代超音速旅客機(HSCT)やそのためのバリアブル・サイクル・エンジンなどの研究が進められている。膨大な開発費、原油高など、実現へのハードルは高い。

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

次世代超音速旅客機の関連キーワードスピードガン空輸航空輸送スピードアップスピードウエースピードダウンスピードボールハイスピードマッハ主義スピードボール (speed ball)