コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欧州チャンピオンズリーグ おうしゅうちゃんぴおんずりーぐ UEFA Champions League

1件 の用語解説(欧州チャンピオンズリーグの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

欧州チャンピオンズリーグ

欧州のクラブナンバーワンを決める大会。1956年にチャンピオンズカップとして開始、第1回大会が行われレアル・マドリード(スペイン)が優勝した。以降、毎年開催され、92年からチャンピオンズリーグに名称を変更、グループリーグ方式を導入して規模が拡大した。欧州のクラブレベルの大会としては最も重要とされ、90年代には莫大な収益を上げるようになり、それに伴って賞金も高騰。この大会に出場できるか否かは、クラブの経営面で大きな影響がある。大会形式は、1次リーグ後に16チームによるノックアウト方式の対戦。優勝チームは、FIFAクラブ・ワールドカップへの出場権を得る。出場チームの選出方法は、まずUEFAの作成するランキングに従って各国リーグの出場枠を決定。UEFAランキングは過去5シーズンの戦績から毎年作成される。06―07年シーズンは、ACミラン(イタリア)がリバプール(イングランド)を下し優勝した。

(西部謙司 サッカージャーナリスト / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

欧州チャンピオンズリーグの関連キーワードK-1AFCチャンピオンズリーグヨーロッパ選手権白ナンバーナンバーワン黄ナンバー黒ナンバー緑ナンバーFIFAクラブワールドカップ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

欧州チャンピオンズリーグの関連情報