歌舞髄脳記(読み)かぶずいのうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌舞髄脳記
かぶずいのうき

室町時代初期の能楽書。金春禅竹 (こんぱるぜんちく) 著。康正2 (1456) 年に成る。世阿弥の『九位』によって能の名作の曲味を説明し,観阿弥,世阿弥,犬王などの芸風を述べている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android