コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌舞髄脳記 かぶずいのうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌舞髄脳記
かぶずいのうき

室町時代初期の能楽書。金春禅竹 (こんぱるぜんちく) 著。康正2 (1456) 年に成る。世阿弥の『九位』によって能の名作の曲味を説明し,観阿弥,世阿弥,犬王などの芸風を述べている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

歌舞髄脳記の関連キーワード能楽論

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android