コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観阿弥 かんあみ

10件 の用語解説(観阿弥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観阿弥
かんあみ

[生]元弘3=正慶2(1333)
[没]元中1=至徳1(1384).5.19. 駿河
南北朝時代能役者,能作者。芸名観世。本名清次。観世流の始祖で,世阿弥の父。曲舞 (くせまい) を,大和猿楽に導入するなど,世阿弥の能の大成の基礎を築いた。 42歳のときに将軍足利義満に見出され,世阿弥とともにその庇護を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんあみ〔クワンアミ〕【観阿弥】

[1333~1384]南北朝時代の能役者・能作者。観世流の始祖。伊賀の人。名は清次(きよつぐ)。世阿弥の父。大和猿楽(やまとさるがく)曲舞(くせまい)などの要素を加え、を革新してを大成させた。作「自然居士(じねんこじ)」「卒都婆小町(そとばこまち)」など。かんなみ。

かんなみ〔クワンアミ〕【観阿弥】

かんあみ(観阿弥)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

観阿弥【かんあみ】

南北朝時代の能役者,能作者。芸名観世,名は清次(きよつぐ)。観世流の流祖。大和猿楽の芸統に先行芸能の長所を導入し,1374年以後は足利義満の後援を得て,長男の世阿弥と2代にわたり能を大成した。
→関連項目音阿弥通小町クセ申楽談儀風姿花伝宝生流松風大和猿楽謡曲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観阿弥 かんあみ

1333-1384 南北朝時代の能役者,能作者。
世阿弥(観世元清)の父。観世流の初代大夫(たゆう)。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年大和(奈良県)の山田猿楽の家に生まれる。結崎(ゆうざき)座(のち観世座)をひきい,京都に進出。応安7=文中3年(1374)ごろ今熊野で演じた猿楽を契機に将軍足利義満の後援をうけ,一座の基礎をきずく。猿楽に田楽の長所や曲舞(くせまい)の要素をとりいれ洗練された能を確立した。至徳元=元中元年5月19日死去。52歳。名は清次。法名は観阿弥陀仏。作品に「卒都婆(そとば)小町」「自然居士(じねんこじ)」「通(かよい)小町」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

観阿弥

没年:至徳1/元中1.5.19(1384.6.8)
生年:正慶2/元弘3(1333)
南北朝期の能役者。田楽に押されがちであった猿楽の芸を魅力的に一新させ,能興隆の基礎を作った。実名清次。芸名観世をはじめて名乗り(初代観世大夫),これが子孫に受け継がれ,のちに座名・流名ともなった。出家号が観阿弥陀仏で,観阿,観阿弥(「かんなみ」とも呼ぶ)はその略称。父は大和国山田(奈良県桜井市)あたりの山田猿楽美濃大夫の養子。観阿弥は3男で,長兄は宝生大夫。世阿弥の父。大和猿楽四座のひとつ結崎座に所属,早くから能役者の棟梁となった。田楽本座の一忠を模範と仰いで芸を磨き,応安4/建徳2(1371)年,須磨寺で勧進能を催し,その前後の醍醐寺での演能によって京洛にも名声がおよび,同7年に洛東今熊野で観阿弥父子の演能を将軍足利義満が見て以来,義満の愛顧を受け一躍トップスターとなった。このとき,観阿弥は,それまで翁猿楽専門の長老の役どころであった「翁」を自ら演じ,演能中心のスタープレーヤーが「翁」を演じる先例を開いた。これは「翁」という祝言芸を中心に農村共同体に観客基盤を置いていた猿楽が,演能中心の都市のエンターテインメントとして生まれ変わることを象徴する出来事であった。観阿弥は後年,時期が不定だった興福寺の薪猿楽(薪能)を2月上旬に固定させたりしており,座の組織や運営に関しても改革の大なたをふるっている。 世阿弥によれば,観阿弥の芸域の広さは他の追随を許さず,大男にもかかわらず女性や少年僧の物まねも的確だった。大和猿楽の伝統である物まねの能や問答の面白さ主体の能や鬼能を得意とするだけでなく,歌舞主体の幽玄(優美な)能をも得意として貴賤都鄙に幅広い人気を誇っていた。とりわけ謡を謡ったり編曲したりする音楽的能力が抜群で,応安年間(1368~75)に猿楽に曲舞節を導入,それまでメロディー主体の小歌節であった猿楽の謡を,拍子主体のリズミカルな曲舞節を導入することで大きく変えた。これは日本歌謡史上特筆されるべき音曲革命で,この最先端フュージョン歌謡を謡いこなすことが観阿弥の人気の源泉であった。観阿弥作の「自然居士」「卒都婆小町」「通小町」はすべて劇的葛藤の強い,スリリングで生彩に富む対話劇だが,これを支えていたのもその神変な謡の魅力であった。

(松岡心平)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんあみ【観阿弥】

1333‐84(元弘3‐元中1∥至徳1)
南北朝時代の能役者。初代の観世大夫で能楽シテ方観世流の始祖。世阿弥の父。〈かんなみ〉とも呼ぶ。実名は清次(きよつぐ)。芸名が観世。観世が子孫に世襲され,後に座名ともなった。出家号(法名)が観阿弥陀仏で,観阿,観阿弥はその略称。大和の多武峰(とうのみね)近辺で活動したらしい山田猿楽の,美濃大夫の養子の三男で,長兄が宝生大夫だった。多武峰寺(談山神社)・興福寺・春日神社の神事芸能に参勤する義務と権利を持つ大和猿楽四座の一つの結崎(ゆうざき)座(創立は鎌倉中期以前か)に所属し,早くから同座の能役者の棟梁だったらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんあみ【観阿弥】

1333~1384) 南北朝時代の能役者・能作者。名は清次きよつぐ。芸名、観世。法名、観阿弥陀仏(観阿弥・観阿)。世阿弥の父。大和の人。猿楽大和四座の一つ結崎ゆうざき座(のちの観世座)の始祖とされるが、異説もある。足利義満の後援を得て能の質的向上を図る。近江猿楽や田楽の長所を摂取して幽玄な芸風をうち出し、曲舞くせまいを取り入れて謡を改革した。作品「自然居士」「卒都婆小町」など。

かんなみ【観阿弥】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

観阿弥
かんあみ
(1333―1384)

南北朝時代の能役者、能作者。観世(かんぜ)流の初代大夫(たゆう)。実名結崎清次(ゆうざききよつぐ)、通称三郎、芸名観世。大和(やまと)(奈良県)の古い山田猿楽(さるがく)の家に生まれ、のちに結崎座(観世座)を創立する。1374年(文中3・応安7)初めて京都に進出し、12歳の長男世阿弥(ぜあみ)とともに今熊野(いまくまの)で演じた新しい芸能は、青年将軍足利義満(あしかがよしみつ)の心をとらえた。以後は義満後援のもとに世阿弥と2代にわたって能を大成した。座の属した大和猿楽の演劇性を基礎としながら、ライバル的芸能であった田楽(でんがく)の長所や、近江(おうみ)猿楽の唯美主義を取り入れ、世界でも類のない長い生命力をもつ演劇、現代まで演じ継がれる能の基礎を打ち立てた。当時流行していた曲舞(くせまい)を能の主要部分に導入し、従来のメロディ本位の小謡節(こうたぶし)に、リズムとテンポのおもしろさを加えた音楽上の改革も観阿弥の大きな功績である。作品に『自然居士(じねんこじ)』『卒都婆(そとば)小町』『四位少将(しいのしょうしょう)』(『通(かよい)小町』の原作)などがあり、いずれも創成期の生気に満ちた傑作である。とくに俗語までを駆使した会話のおもしろさは比類がない。ほかに『江口(えぐち)』『求塚(もとめづか)』の作曲(あるいは作詞も)、『松風』の原作などもある。芸術論としての著書は残していないが、世阿弥の『風姿花伝(ふうしかでん)』(花伝書)は観阿弥の教えを忠実に祖述したものである。いかにして観客の心をとらえるかという「花」の戦術論と、「幽玄」の美の本質、歌舞の二道、つまり音楽的要素と舞踊的要素の融合による演劇の方向が述べられ、日本を代表する芸術論である。役者としても力感に満ちた幽玄無上の名人であり、大男ながら女性の役に扮(ふん)すると細々とみえ、『自然居士』では10代の美少年を演じきったという。晩年に至るまであらゆる芸域にわたる能をみせ、貴族階級から遠国の一般大衆までを魅了したことが、世阿弥の遺著によって知られる。駿河(するが)(静岡県)に巡業中、52歳で客死。1983年(昭和58)には没後600年の催しが各地で行われた。[増田正造]
『野上豊一郎著『観阿弥清次』(1949・要書房) ▽戸井田道三著『観阿弥と世阿弥』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の観阿弥の言及

【通小町】より

四番目物観阿弥作。世阿弥が部分的に手を加えている。…

【猿楽】より

…また南北朝から室町初期にかけて猿楽者の集団は座の体制をとるようになり,各地に猿楽の座が存在した。なかでも大和猿楽の四座,近江猿楽六座が名高く,ことに大和の結崎(ゆうざき)座の観阿弥世阿弥父子によって今日の能の基礎が固められるのである。
[猿楽の役者]
 当時の有名な役者たちを挙げると,〈田楽〉の一忠・花夜叉・喜阿弥・高法師(松夜叉)・増阿弥(〈田楽〉も猿楽とさして距離をおかぬものであって,世阿弥伝書にも総合的に論じられている),近江猿楽の犬王(いぬおう),大和猿楽の金春権守(こんぱるごんのかみ)・金剛権守などである。…

【自然居士】より

四番目物観阿弥作。シテは自然居士。…

【世阿弥】より

…室町時代初期の能役者,謡曲作者。観阿弥の子で2代目の観世大夫。生年は貞治3年とも考えられ,正確な没年・享年は不明(1436年には健在)。…

【卒都婆小町】より

…老女物。観阿弥作。シテは老後の小野小町。…

【能】より

…大和猿楽の中心は興福寺支配の4座,すなわち円満井(えんまい),坂戸,外山(とび),結崎(ゆうざき)の座で,これが後に金春(こんぱる)座(金春流),金剛座(金剛流),宝生座(宝生流),観世座(観世流)と呼ばれるようになる。結崎座を率いる観世という名の役者(後の観阿弥)は,技芸抜群のうえくふうに富み,将軍足利義満の愛顧を得て京都に進出し,座勢を大いに伸ばした。観阿弥の功績は,物まね本位だった大和猿楽に,近江猿楽や田楽の歌舞的に優れた面をとり入れたこと,伝統であった強い芸風を幽玄(優美とほぼ同義)な芸風に向かわせたこと,リズムを主とした曲舞(くせまい)の曲節を導入したことなどである。…

【花筐】より

…狂女物。世阿弥作だが,クセは観阿弥作曲の《李夫人の曲舞(くせまい)》。シテは照日前(てるひのまえ)(狂女)。…

【松風】より

鬘物(かつらもの)。古作の《汐汲(しおくみ)》を原拠にした観阿弥作の能に,世阿弥が改作の手を加えたもの。シテは海人(あま)松風の霊。…

【求塚】より

四番目物。観阿弥作か。シテは菟名日処女(菟原処女(うないおとめ))の霊。…

【大和猿楽】より

…ただ,興福寺属となった後でも法隆寺の祭礼には勤仕していたらしい。金剛座という呼称は観阿弥と同時代の金剛権守に由来するようである。また外山座と結崎座の歴史がある程度明確になってくるのは,〈山田みの大夫〉なる猿楽の孫の宝生大夫,生市(しよういち),観世の3兄弟のうち,長兄の宝生大夫が外山座の,末弟の観世(観阿弥)が結崎座のそれぞれ大夫となった南北朝ころからである。…

【結崎】より

…結崎が歴史地名として著名なのは,能楽の観世座がその草創期にここに本拠をすえたことによる。観世流の祖観阿弥清次は,伊賀国で成長し,小波多(現,名張市)で一座を結成し,結崎に移って座名も結崎座(ゆうざきざ)と改めたといわれてきた。芸風の上でも経済的にも一座の基礎を固め,結崎座は大和猿楽四座の一つとなった。…

【観阿弥】より

…観世が子孫に世襲され,後に座名ともなった。出家号(法名)が観阿弥陀仏で,観阿,観阿弥はその略称。大和の多武峰(とうのみね)近辺で活動したらしい山田猿楽の,美濃大夫の養子の三男で,長兄が宝生大夫だった。…

※「観阿弥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

観阿弥の関連キーワード能面能役者一忠押すに押されぬ押しも押されぬ亀阿弥金剛権守槌太夫道阿弥(1)南阿弥

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観阿弥の関連情報