コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金春禅竹 こんぱるぜんちく

8件 の用語解説(金春禅竹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金春禅竹
こんぱるぜんちく

[生]応永12(1405)
[没]文明2(1470)頃
室町時代能役者,能作者。金春流シテ方 30世太夫。実名七郎氏信。前名弥三郎。毘沙王権守喜氏の曾孫,弥三郎の子。世阿弥の女婿として薫陶を受け,十郎元雅とも親交があり,地味な芸風ながら音阿弥と並ぶ名手であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こんぱる‐ぜんちく【金春禅竹】

[1405~1470ころ]室町中期の能役者・能作者。名は七郎氏信。禅竹は法名。大和猿楽金春座中興の名手。世阿弥の女婿。作品に「芭蕉」「定家」、理論書に「六輪一露之記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金春禅竹【こんぱるぜんちく】

室町時代の能役者,能作者。実名氏信。金春流の大夫。世阿弥の女婿で岳父から伝授を受けた名手。《六輪一露之記》《歌舞髄脳記》ほかの著作が多く,世阿弥の理論を哲学的に展開。
→関連項目小督竹生島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金春禅竹 こんぱる-ぜんちく

1405-1470? 室町時代の能役者シテ方。
応永12年生まれ。57代金春大夫。金春権守の孫。世阿弥(ぜあみ)の娘婿となり,相伝をうける。大和(奈良県)を中心に各地で活躍,音阿弥(おとあみ)とならび称され,金春座中興の祖といわれる。一条兼良(かねよし),志玉(しぎょく)らとも交流し,仏教や歌道をとりいれた能楽論を展開した。文明2年?死去。66歳? 名は貫氏,氏信。通称は竹翁,竹田大夫。著作に「歌舞髄脳記」,作品に「定家」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

金春禅竹

没年:文明1前後?(1469)
生年:応永12(1405)
室町中期の能役者。世阿弥の能を独自に発展させ,金春流隆盛の基礎を固めた。実名氏信。ただし永享9(1437)年までは貫氏と称したか。晩年の法名が賢翁禅竹で,後世には大夫号と法名を合わせて金春禅竹呼ばれることが多い。祖父に金春をはじめて名乗った金春権守がいる。父弥三郎は早世したらしく,世阿弥の娘婿となった禅竹は,世阿弥を実質的な指導者と仰いだ。正長1(1428)年には,世阿弥から『六義』や『拾玉得花』の相伝を受け,後継者のひとりとして将来を嘱望された。世阿弥が佐渡に流されたときには,佐渡に送金し奈良に残る義母寿椿を扶養した。禅竹は,7歳年上の音阿弥ほどの派手さはないものの奈良を中心に地道に活動し,晩年には音阿弥に並称されるほどの評価を得た(心敬『ひとりごと』)。 60歳ごろに子の七郎元氏に家督を譲って出家し,一休宗純を慕ってか,山城の薪庄に多福庵を営んで移り住んだ。多福庵と禅竹という名は一体のもので,『五燈会元』などにみえる「多福一叢の竹」という,一休も好んだ禅僧のエピソードにちなむ命名だろう。禅竹には『六輪一露之記』『歌舞髄脳記』『五音三曲集』『明宿集』などの論書があり,難解ながら独自の思考が展開されている。能作では「賀茂」「定家」「芭蕉」「玉葛」「楊貴妃」「雨月」「小塩」など十数曲が禅竹作とされ,「野宮」「熊野」もその可能性が強い。代表作「定家」では禁断の恋を題材としてグロテスク紙一重の冷えた世界が展開され,世阿弥を超える新しい能の世界が開拓されている。<参考文献>伊藤正義『金春禅竹の研究』

(松岡心平)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こんぱるぜんちく【金春禅竹】

1405‐70ころ(応永12‐文明2ころ)
室町時代の能役者,能作者。観阿弥とほぼ同時代に活躍した金春権守(こんぱるごんのかみ)の孫で,金春弥三郎の子。通称不明。実名氏信。ただし1437年(永享9)までは貫氏と称したらしい。大和猿楽四座の本家格たる円満井座(えんまんいざ∥えまいざ)(竹田の座)の30代目の棟梁と自称し,〈金春式部大夫〉と署名している。晩年に出家し,法名が賢翁禅竹。後世は大夫号と法名を結んで金春禅竹と呼ばれることが多い。竹田大夫とも呼ばれ,〈竹翁居士〉と署名してもいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こんぱるぜんちく【金春禅竹】

1405~1470頃) 室町中期の能役者・能作者。シテ方金春流五七世宗家。俗名、七郎氏信。禅竹は法名。大和の人。金春座中興の祖とされる。能楽論「六輪一露」を書き、禅的哲学で能を解釈した。「雨月」「芭蕉」「玉葛たまかずら」などの能を作る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金春禅竹
こんぱるぜんちく
(1405―70ころ)

室町中期の能役者、能作者。金春流シテ方。実名は七郎氏信(うじのぶ)。金春流中興の大夫(たゆう)として、奈良を中心に活躍。世阿弥(ぜあみ)の娘婿。温厚誠実な人柄だったらしく、世阿弥の佐渡配流中は物心両面の援助をしており、芸の指導を仰いでいる。世阿弥から数々の伝授を受け、音阿弥(おんあみ)と併称された名手だが、演能活動の華々しい音阿弥に対し、芸術論、作能の分野で真価を発揮している。理論書に『六輪一露(ろくりんいちろ)』『歌舞髄脳記(かぶずいのうき)』『五音三曲集』『明宿集(めいしゅくしゅう)』ほか。世阿弥の理論を哲学的、仏教的に深め、また歌道との合一を説くが、抽象論に傾いている。これは、学僧の志玉、歌人の正徹(しょうてつ)、学者の一条兼良(かねら)との交友の影響もあろう。作品は世阿弥の夢幻能の系統に属し、『雨月(うげつ)』『芭蕉(ばしょう)』『玉葛(たまかずら)』『小塩(おしお)』など。閑雅な作風。『嵐山(あらしやま)』『一角仙人(いっかくせんにん)』などの作者、金春禅鳳(ぜんぽう)は禅竹の孫。[増田正造]
『表章・伊藤正義編『金春古伝書集成』(1968・わんや書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金春禅竹の言及

【猿楽】より

… このように猿楽能の大成に力を尽くしたのは観阿弥・世阿弥父子であるが,なんといっても,観阿弥における小歌がかりのメロディと,早歌のリズム(拍節理論)の結合,世阿弥における幽玄化の推進と複式夢幻能の確立・昇華という内的拡充,南都の春日神社・興福寺,多武峰(とうのみね)の談山神社・妙楽寺,それに室町幕府の庇護という外的条件が,この系統を正統化し,永続させるエネルギーとなるのである。世阿弥の長男観世元雅は,現世に生きる人間の魂の極限状況を叙すことをライフワークとし,世阿弥の女婿金春禅竹は,実作,理論ともに,岳父の世界の延長線を描いて,両人ともに卓抜である。このあたりが,猿楽能の第1次完成期であろう。…

【玉葛】より

四番目物金春禅竹(こんぱるぜんちく)作。シテは玉葛の霊。…

【定家】より

三番目物金春(こんぱる)禅竹作か。シテは式子(しきし)内親王の霊。…

【能】より

…近江猿楽には犬王(いぬおう)(後の道阿弥)という幽玄風の名手が出たが,後継者に恵まれず,室町中期から急速に衰えた。一方,大和猿楽は観世座を先頭に他の3座も力を伸ばし,観世元雅(もとまさ),金春禅竹(ぜんちく),観世信光(のぶみつ)らがそれぞれの持ち味の作能を行うなどして,他の地方の猿楽を圧倒した。 桃山時代の豊臣秀吉は大の能好きで,猿楽者の保護に気を配り,みずから舞台にも立った。…

【芭蕉】より

鬘物(かつらもの)。金春禅竹(こんぱるぜんちく)作。シテは芭蕉の精。…

【夢幻能】より

… 世阿弥以降も夢幻能は能作の中心,または基本であった。世阿弥の子息観世元雅(もとまさ)作の夢幻能は,彼が早世したこともあって《吉野琴》(廃曲)1曲しか確認できないが,女婿にあたる金春(こんぱる)禅竹には《定家(ていか)》《芭蕉》《玉葛》などがあり,花やかさを押さえた寂寥(せきりよう)感の漂う作風を特色とする。作者不明の《野宮(ののみや)》《東北(とうぼく)》《三輪》など,今日上演頻度の高い女能も世阿弥以後の作のようである。…

【楊貴妃】より

…鬘物(かつらもの)。金春禅竹(こんぱるぜんちく)作ともいう。シテは楊貴妃の霊。…

【六輪一露之記】より

…能楽論書。大和猿楽の金春(こんぱる)座中興の名手,金春禅竹(ぜんちく)の代表的著述の一つ。内容は,禅竹自身の六輪一露の説に,南都戒壇院の普一国師志玉(1379‐1463)が仏教の教理で,関白一条兼良(いちじようかねら)(1402‐81)が儒学,とりわけ宋学の立場からそれぞれ理論づけした加注を添え,さらに臨済宗の僧で後に還俗した南江宗沅(なんこうそうげん)(1356‐1463)の跋文を付して一書に編んでいる。…

※「金春禅竹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金春禅竹の関連キーワード音阿弥安位観世元重能郷の能・狂言犬王亀阿弥槌太夫道阿弥(1)徳若忠政宝生蓮阿弥

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金春禅竹の関連情報