こん(読み)コン

デジタル大辞泉の解説

こん[副]

[副]
かたい物を打ったり、かたい物が触れ合ったりしたときの音を表す語。「こんこんとくいを打つ」
強くせきをする声を表す語。「こんとせきをする」
狐の鳴き声を表す語。
「―ときつねがなきゃせぬか」〈清水かつら・𠮟られて〉

こん[接尾]

[接尾]名詞に付いて、語調を整えるのに用いる。
「まづ売りませう。す―はじかみ―す―」〈狂言記・酢薑〉
[補説]昔、振り売りの商人が売る品物の名の下に添えて呼んだ語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こん

( 副 )
(多く「と」を伴って)
固いものが軽くぶつかって出す音を表す語。
せきの音を表す語。
キツネの鳴き声を表す語。 「 -とキツネが鳴きゃせぬか」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こん

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 咳(せき)をする声を表わす語。
キツネの鳴く声を表わす語。
※波形本狂言・狐塚(室町末‐近世初)「けむたくは、こんとおしゃれ」
③ 堅い物が打ち当たってたてる音を表わす語。
※波形本狂言・鐘の音(室町末‐近世初)「さらば先音(ね)を聞ふ、と、しゅもくのなはをとりかねをつく。コン。ハハアかたい音じゃ」

こん

〘接尾〙 昔、振売(ふりうり)の商人が売物の名の下に添えて呼んだ語。
狂言記酢薑(1660)「まづ売りませう。すこんはじかみこん、すこん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こんの関連情報