コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こん コン

デジタル大辞泉の解説

こん[副]

[副]
かたい物を打ったり、かたい物が触れ合ったりしたときの音を表す語。「こんこんとくいを打つ」
強くせきをする声を表す語。「こんとせきをする」
狐の鳴き声を表す語。
「―ときつねがなきゃせぬか」〈清水かつら・𠮟られて〉

こん[接尾]

[接尾]名詞に付いて、語調を整えるのに用いる。
「まづ売りませう。す―はじかみ―す―」〈狂言記・酢薑〉
[補説]昔、振り売りの商人が売る品物の名の下に添えて呼んだ語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こん

( 副 )
(多く「と」を伴って)
固いものが軽くぶつかって出す音を表す語。
せきの音を表す語。
キツネの鳴き声を表す語。 「 -とキツネが鳴きゃせぬか」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

こんの関連キーワード紺掻き・紺搔きリップルマーク雪やこんこ誉田屋徳隣誉田屋宗宅ツァオクン卓上レンジ島田蕃根ガス焜炉草加崑山根釧原野藤原今子高幡不動ガス七厘金剛寺町芥子蓮根石油焜炉ラジウスキツネ金剛山

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こんの関連情報