コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

止み方 ヤミガタ

デジタル大辞泉の解説

やみ‐がた【止み方】

雨・雪などがやみそうになること。また、その時分。
「秋の雨の―寒き山風に帰さの雲も時雨れてぞ行く」〈玉葉集・秋下〉
病気がなおりかけること。また、回復期。
「男の病(やまひ)しけるを…―に訪(と)へりければ」〈後撰・雑二・詞書

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android