コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山風 ヤマカゼ

6件 の用語解説(山風の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やま‐かぜ【山風】

山に吹く風。山から吹いてくる風。
夜間、尾根から谷、谷から平野部へと吹き下ろす風。山の斜面が放射冷却し、重くなった大気が低い方へ流れ出すために起こる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山風【やまかぜ】

夜間に谷の奥から吹き出してくる風。山の斜面にはさまれた谷の部分の大気が,開けた平野部の大気より早く冷却するために起こるもので,冷却した大気が斜面を降下しているカタバティック風の一種とも考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

パラグライダー用語辞典の解説

山風

海岸付近に発生する「海風・陸風」と同じ様に内陸部でも「山風・谷風」がある。日中、照射されやすい山に向かって風が吹き、これを「山風」という。逆に夜は山斜面は冷却されやすく山から谷に向かって「谷風」と呼ばれる風が吹く。上記説明は一般的な定説であるが、すこし考えると矛盾がある。1 山の斜面が南側だったら照射量が多く、山風の循環はうなずける。しかし、照射量が谷より少ない北斜面でも山風が起きているのはなぜか?2 夕方、一番最初に日陰となり冷却されるはずの谷に熱がのこり、逆に最後まで照射される山斜面から放射冷却が起り谷風がはじまるとはどう言う事なのか?山風とは照射量の違いによる風の循環ではなかったのだ。図1は日中の谷(平地)の空気の状態を表したものである。 日射により軽い空気が発生し、上に「上がろうとする力」が発生しても、空気が上がる為にはその空気の上にある空気を押しのけ、またその空気の下に他の空気が入り込まないとその空気は上がれない。「上がろうとする空気に対抗する力」以上に強くならないと空気は上がらず、結果、地表に留まる。すると、その空気は自ら動くことはできず、外部からの力に左右されるようになる。つまり、外部から力がかかるとその空気は移動を始める。図1ではその力を「移動する力」と表現している。図2は山(斜面)の空気の状態である。 日射により空気が軽くなっても、平地と同じく「地表から剥がれようとする力」が「地表に留まろうとする力」と同じか小さい場合、空気は地表に留まっている。しかし、「斜面を上がる力」は働き、空気は地表を離れず斜面を上に移動する。移動した軽い空気は、次のまだ移動していない軽い空気をもとり込みしだいに成長する。この様なことから、軽くなった空気は斜面を駆け上がり、成長し、山頂から上空へあがっている。図1で示す「移動する力」に依存した谷(平地)の空気は、図2で示した(斜面)をのぼる空気に吸い寄せられる。 谷ではサーマルとして上がれなかった軽い空気も斜面ではのぼる力を発生させ、日中では山風を確実なものとしている。谷風 夜間では 日中と全く反対の現象がおきる。放射冷却で冷え、重くなった空気は、斜面を下ろうとする力をうむ。図3斜面を下り谷(平地)まで達した空気は元々平地にあった空気を押し上げる。図4谷に居座ろうとする空気も次の冷たい空気により押し上げられる。軽いから上がるというよりも、上に押し上げらげる。(相対的に軽いと言う意味では軽い)こうして「日中の山風 夜間の谷風」が起こり、その変わり目に「なぎ」が発生する。山風・谷風は太陽の照射量の違いや放射冷却の差によるものではなく、斜面がもつ力の特性からくるものである。筆者が「山風 谷風」の発生理論にこだわるのは、この考え方がしっかり理解できていれば、1 なぜサーマルは山頂に発生しやすいのか?2 なぜサーマルは平地よりも山に発生するのか?3 なぜグランドサーマルは午前より午後の方が発生しやすいのか?5 なぜ大気の循環はおこるのか?などがわかってくると思われ、これからパラグライダーを楽しんでいく上で非常に大切な事となる。
ya-3-1.gifya-3-2.gifya-3-3.gif

出典|
パラグライダー用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんぷう【山風】

山から吹き下ろす風。やまかぜ。

やまかぜ【山風】

山中を吹く風。また、山の方から吹き下ろす風。 「吹くからに秋の草木のしをるればむべ-をあらしといふらむ/古今 秋下
夜、山岳の空気が冷えて山から谷に吹き下ろす風。 ↔ 谷風

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山風
やまかぜ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の山風の言及

【木室卯雲】より

…江戸中期の狂歌作者,噺本作者。本名は木室朝濤(ともなみ),通称は庄七郎,庄左衛門,七左衛門,別号は二鐘亭半山,山風。江戸の幕臣で初め江戸座の俳人として活躍,山風の戯号で噺本《鹿の子餅》を著し江戸小咄流行の端緒を開いた。…

【風】より

…(2)山谷風 海陸風が発達するのと同じような気象条件のとき,昼間は麓から吹き上がり,夜間は山頂から吹き降りる風がある。前者を谷風,後者を山風といい,両者を合わせて山谷風と呼んでいる。谷風,山風はそれぞれアナバティック風anabatic winds,カタバティック風katabatic windsとも呼ばれている。…

【山谷風】より

…山岳地帯に現れる局地風系の一種。昼間,平野部から谷に,さらに谷から尾根に向かう風(谷風)が吹き,夜間,尾根から谷へ,谷から平野部に向かう風(山風)が吹く。このように日変化する風系を山谷風という。…

※「山風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山風の関連情報