時分(読み)ジブン

デジタル大辞泉の解説

じ‐ぶん【時分】

おおよその時期・時刻。ころ。「そろそろ着く時分だ」「若い時分
適当な時期。ちょうどよいころあい。好機。「時分を見はからって着手する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じふん【時分】

ふん単位で数える時間。 「停車-」

じぶん【時分】

時期。 「若い-はよく勉強した」 「あの-のことはよく覚えていない」
適当な頃合い。よい時期。 「 -を見て話を切り出す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐ぶん【時分】

〘名〙
① 大体のとき。ころ。時期。
※金刀比羅本保元(1220か)下「重病日数積て合期ならぬ時分(ジブン)なりける間」
※太平記(14C後)一六「皆熊山へ向ひたる時分なれば」 〔朱慶余‐送韋校書佐霊州幕詩〕
② ちょうどよい時期。適当な時期。よい機会。また、その時期の状態。
※連理秘抄(1349)「一座を張行せんと思はば、まづ時分を選び眺望を尋ぬべし」
※風姿花伝(1400‐02頃)七「また、時分をも恐るべし。去年盛りあらば、今年は花なかるべき事を知るべし」
③ ちょうどよい年ごろ。嫁入り時。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)九「此方にも時分(ジブン)の娘早うお渡し申たさ」
④ 食事をとるころあい。食事時。時分時(じぶんどき)。〔俚言集覧(1797頃)〕
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)序幕「そりゃよかろう。善六も時分で有ふ、一所に来やひの」
⑤ 連歌・俳諧で、狭義には夜分に対して昼間をいうが、広義には昼夜の総称に用いる。また各務支考は、その七名八体説において、付け方八体の一とし、昼夜・朝暮・明暗などをもって付けるのをいった。
※俳諧・御傘(1651)一「出る日 朝、時分に非ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時分の関連情報