コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正乱視 セイランシ

デジタル大辞泉の解説

せい‐らんし【正乱視】

角膜水晶体が縦・横・斜めのいずれか一方向にゆがんでいるため、眼に入った光線が複数の場所で焦点を結ぶ乱視。→不正乱視

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の正乱視の言及

【屈折異常】より


【乱視】
 平行光線がどこにも結像しない屈折状態をいい,次のような種類がある。(1)正乱視 眼球の経線によって屈折力の異なる乱視。主として角膜の湾曲が方向によって違うもので,円柱レンズで矯正される。…

※「正乱視」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正乱視の関連キーワードコンタクトレンズ円錐角膜屈折異常眼鏡

正乱視の関連情報