コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不正乱視 フセイランシ

デジタル大辞泉の解説

ふせい‐らんし【不正乱視】

角膜の表面に凹凸があるため、眼内で光線が焦点を結ばない乱視。角膜の外傷や潰瘍、円錐角膜などの疾患が原因となって起こる。また、水晶体のゆがみが原因で起こる場合もある。→正乱視

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

レーシック関連用語集の解説

不正乱視

角膜の表面の凸凹が原因で起こる乱視のことです。不正乱視の場合には、乱視矯正で一般に使用される円柱レンズでは矯正することが出来ないため、コンタクトレンズで矯正しますが、思うように矯正出来ない場合もあります。

出典|レーシックNETレーシック関連用語集について | 情報

世界大百科事典内の不正乱視の言及

【屈折異常】より

…主として角膜の湾曲が方向によって違うもので,円柱レンズで矯正される。(2)不正乱視 主として角膜,まれに水晶体の表面が凹凸不正の乱視。角膜疾患によっておこることが多い。…

※「不正乱視」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

不正乱視の関連キーワード屈折異常眼鏡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不正乱視の関連情報