コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正味タンパク質利用率

1件 の用語解説(正味タンパク質利用率の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

正味タンパク質利用率

 NPUと略称.摂取したタンパク質(窒素)のどれだけの割合が体のタンパク質(窒素)として保持されたかを表す.動物実験では,試験動物が窒素を保持しやい状態に設定し,その動物に試験タンパク質を与え,その摂取量を測定し,糞便を集めてその中に排泄された窒素量を測定し,さらに尿へ排泄される窒素を測定し,必要なら皮膚・毛髪から失われる窒素量も測定して求める.そのタンパク質を摂取しない場合の糞便,尿(および皮膚,毛髪)へ排泄される窒素量を別に求めて,試験タンパク質のみに由来する窒素の排泄量を求める配慮がされる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正味タンパク質利用率の関連キーワードアポタンパク質易動性タンパク質代謝性糞中窒素タンパク質窒素タンパク質の安全摂取レベル貯蔵性タンパク質内因性窒素内因性尿中窒素非タンパク質窒素複合タンパク質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone