動物実験(読み)どうぶつじっけん(英語表記)animal experimentation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物実験
どうぶつじっけん
animal experimentation

動物を材料にして行う実験。人体実験は原則的に許されないため,医学研究,ことに実験医学の重要な方法の一つである。実験動物を選ぶ場合考慮されるものに種属特性と臓器特性とがあり,人類に近いものとしてはサルが望ましいが,高価で,かつ必ずしも人間と親近性をもたないので,費用の点からはネズミ,親近性の点ではイヌ (条件反射を構成しやすい利点もある) ,臓器特性の立場では血液組成についてはブタ,遺伝研究には世代交番の速いハエというように,実験目標によって動物の種類が選ばれる (→実験動物 ) 。なお,自然発生癌をもつネズミの育種無菌動物の育成など特殊な育種改良も研究,実施されている。最近は動物に苦痛を与える動物実験に対して国際的に非難が集まっており,動物を使用しない方法も検討されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

どうぶつじっけん【動物実験】

医学研究などのため動物を用いて行う実験。実験動物にはウサギ・モルモット・ハツカネズミ・サル・ブタ・ヒツジ・ネコ・イヌなどが用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動物実験の関連情報