コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正当業務行為 セイトウギョウムコウイ

デジタル大辞泉の解説

せいとう‐ぎょうむこうい〔セイタウゲフムカウヰ〕【正当業務行為】

正当な業務による行為。刑罰法規に触れる行為であっても、違法性がないものとみなされて罰せられない。医師手術など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいとうぎょうむこうい【正当業務行為】

正当の業務による行為。刑法上、違法性が阻却され、処罰されない。医師の手術などの治療行為がその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の正当業務行為の言及

【犯罪】より

…逮捕監禁罪(220条)の構成要件に該当しても違法性が阻却される。〈正当な業務による行為(正当業務行為)〉とは,医師が業務上正当な範囲の外科手術をするような場合である。傷害罪(204条)の構成要件に該当しても違法性が阻却される。…

※「正当業務行為」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正当業務行為の関連キーワード違法性阻却事由違法阻却事由

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正当業務行為の関連情報