法規(読み)ほうき(英語表記)Rechtssatz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法規
ほうき
Rechtssatz

最も広い意味では法規範一般をさすが,公法学では特に,国民権利義務に関する法規範をさす。この後者の意味での法規の観念は,国民の権利義務に関する法規範は議会によって定立されなければならないとする考えに基づいて,19世紀の立憲君主制のもとのドイツにおいて形成された。しかし,この考えは特別権力関係において権利または自由を制限する規範や行政組織に関する規範は法規ではなく,したがってこれらの規範の定立には議会の同意は必要ではないとするものであったため,最近では,法治主義観点からこの意味での法規の観念の有効性に疑問を示すがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐き〔ハフ‐〕【法規】

法律と規則。特に、その中で国民の権利・義務にかかわるもの。「法規に照らす」「交通法規

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐き ハフ‥【法規】

〘名〙 法律。規則。特に、その中で国民の権利・義務に影響をおよぼす規定をさすこともある。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「法規の存する所、全く之を政府の維持に附せば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android