コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正徳新例 ショウトクシンレイ

3件 の用語解説(正徳新例の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうとく‐しんれい〔シヤウトク‐〕【正徳新例】

江戸幕府による長崎貿易制限のための諸規定の総称。正徳5年(1715)発令。金・銀・銅の海外流出と密貿易防止のため、船数・貿易額を制限したもの。海舶互市新例長崎新例

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうとくしんれい【正徳新例】

1715年(正徳5)、新井白石の立案により施行した、長崎でのオランダ・中国との貿易を制限する諸規定の総称。輸入超過による金銀流出を防ぐための貿易高圧縮、輸出銅の制限などを主眼とする。長崎新例。海舶互市新例。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正徳新例
しょうとくしんれい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone