コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正徳新例 ショウトクシンレイ

デジタル大辞泉の解説

しょうとく‐しんれい〔シヤウトク‐〕【正徳新例】

江戸幕府による長崎貿易制限のための諸規定の総称正徳5年(1715)発令。金・銀・銅の海外流出と密貿易防止のため、船数・貿易額を制限したもの。海舶互市新例長崎新例

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうとくしんれい【正徳新例】

1715年(正徳5)、新井白石の立案により施行した、長崎でのオランダ・中国との貿易を制限する諸規定の総称。輸入超過による金銀流出を防ぐための貿易高圧縮、輸出銅の制限などを主眼とする。長崎新例。海舶互市新例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正徳新例
しょうとくしんれい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

正徳新例の関連キーワード崎陽群談江戸幕府徳川吉宗オランダ新井白石輸入超過信牌立案主眼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android