発令(読み)はつれい

精選版 日本国語大辞典 「発令」の意味・読み・例文・類語

はつ‐れい【発令】

〘名〙 法令辞令などを発布・公表すること。
太政官布告第六八号‐明治六年(1873)二月二四日「自今諸布告御発令毎に人民熟知の為め凡三十日間便宜の地に於て令掲示候事」
巷談本牧亭(1964)〈安藤鶴夫〉生きる「ときどき、途中警戒警報が出たり、突然、空襲警報が発令されたりした」 〔礼記月令

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「発令」の意味・読み・例文・類語

はつ‐れい【発令】

[名](スル)法令辞令指示などを出すこと。「異動発令する」「暴風警報発令される」
[補説]気象庁警報注意報を出す際には「発表」という語を用いるが、一般にそれを「発令」と表現することがある。
[類語]命令言い付けめいれい指令下命指示指図さしず号令沙汰さた主命君命上意達し威令厳令厳命

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「発令」の読み・字形・画数・意味

【発令】はつれい

命ずる。

字通「発」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android