コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海舶互市新例 カイハクゴシシンレイ

5件 の用語解説(海舶互市新例の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいはく‐ごししんれい【海舶互市新例】

正徳(しょうとく)新例

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

海舶互市新例【かいはくごししんれい】

1715年江戸幕府が長崎でのオランダ船・中国船との貿易に関して出した諸規定の総称。正徳新令・長崎新令とも。新井白石(はくせき)の立案により,輸出銅の不足に伴う貿易渋滞・密貿易をなくすため,輸出入を制限し,あわせて直轄都市長崎の行財政の健全化を図ったもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいはくごししんれい【海舶互市新例】

正徳新例(新令)ともいう。1715年(正徳5)1月幕府が下した新井白石の立案になる長崎貿易の制限令23通と,これをうけて出された長崎奉行大岡備前守(清相)名の細則の総称。おもな内容は,(1)改革に関する奉行以下の諸役人・長崎町民・外国人への諭示,(2)唐船は従来の年59艘・取引銀高1万1000貫目を,30艘・6000貫目(最大限9000貫目)・銅渡し高300万斤に減じ,通商許可証として〈信牌〉を給す,(3)オランダ船は年2艘・金5万両(銀3000貫目)・銅渡し高150万斤で,ほぼ従来どおり,(4)輸入品の評価は商人の入札制をやめ,長崎会所役人等の査定価格を基礎に協議する〈値組み〉,である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいはくごししんれい【海舶互市新例】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海舶互市新例
かいはくごししんれい

1715年(正徳5)江戸幕府が制定した長崎貿易に関する条例。「正徳(しょうとく)の新令」ともいう。貿易額・来航船数その他総合的に貿易規則を定めた。来航唐船(中国船)は1年間30艘(そう)に限り、貿易銀高6000貫目、うち銅を300万斤。オランダ船は年2艘、銀高3000貫目、うち銅150万斤。唐船に対してはさらにその出航地域によって船数を定め、この条例に従うことを誓約した者に入港許可の割符(わりふ)を渡す。長崎地下人(じげにん)(住民)には貿易利金として定額金7万両を支給(地下配分金)。貿易商人には輸出品買入前金として1万5000両を貸し付けることなどを主内容とする。貿易制限は1685年(貞享2)から強化されたが、そのため密貿易も行われ、また輸出すべき銅の長崎廻送も円滑を欠き、長崎地下人の窮乏を招くに至った。そこで新井白石(あらいはくせき)が努力して、この条例を発布したのである。以後、長崎貿易の基本方針として文政(ぶんせい)(1818~30)末年にまで及んだ。[辻 達也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の海舶互市新例の言及

【銅座】より

…しかし大坂登銅が減少したため12年(正徳2)銅座を廃止,長崎御用銅500万斤として大坂銅吹屋仲間17人に請け負わせることとした。さらに銅産は減少し,海舶互市新例(かいはくごししんれい)(1715)の輸出銅定高450万斤(うちオランダ150万斤,中国300万斤)も確保できなくなったため,幕府は1738年(元文3)大坂に銅座を再興し,いっさいの産銅を大坂銅座が独占購入すること,地売銅と長崎輸出銅とのふりわけは出銅高に応じて銅座が決定すること,各鉱山は翌年の年間産銅計画を毎年銅座に申告すること,銅からの絞銀冶金(南蛮絞り)は大坂銅吹屋仲間の独占とすること,などを定めた。長崎輸出銅値段は74年(安永3)の記録によると定高の銅について1ピクル(100斤)当り,中国向けには銀115匁,オランダ向けには銀60匁25と定められていた。…

※「海舶互市新例」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海舶互市新例の関連キーワード正徳新令徳川家継享保銀正徳正徳新例新令新例狩野梅雲信牌松若

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone