コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井白石 あらい はくせき

10件 の用語解説(新井白石の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

新井白石

江戸前・中期の儒者・政治家。江戸生。名は君美、通称は勘解由。木下順庵の門に入り学んだ。六代将軍家宣・七代将軍家継の時には幕政を補佐した。著書も多く、近世屈指の大学者と目される。自伝に『折たく柴の記』がある。享保10年(1725)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あらい‐はくせき〔あらゐ‐〕【新井白石】

[1657~1725]江戸中期の儒学者・政治家。名は君美(きんみ)。木下順庵の高弟。6代将軍徳川家宣(いえのぶ)に仕えて幕政に参与し、朝鮮通信使の待遇簡素化、貨幣改鋳などに尽力。著に「藩翰譜」「読史余論」「西洋紀聞」「古史通」「折たく柴の記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新井白石【あらいはくせき】

江戸中期の儒学者,政治家。名は君美(きんみ),通称は勘解由(かげゆ)。白石は号。新井家はもと常陸(ひたち)国下妻城主多賀谷氏に仕えていた。関ヶ原の戦ののち主家とともに所領を失い,その後,父正済は上総(かずさ)久留里の土屋家に仕えたが,御家騒動に巻き込まれ,父子ともに浪々の身となった。
→関連項目雨森芳洲異国日記荻原重秀海舶互市新例閑院宮家勘定吟味役京学キリシタン屋敷実学シドッチ正徳金銀大君朝鮮通信使徳川家継徳川家宣徳川吉宗三宅観瀾室鳩巣山村才助

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井白石 あらい-はくせき

1657-1725 江戸時代前期-中期の儒者。
明暦3年2月10日生まれ。新井正済(まさなり)の長男。師木下順庵の推挙で,甲斐(かい)(山梨県)府中藩主徳川綱豊の侍講となる。宝永6年綱豊が6代将軍家宣(いえのぶ)となると,間部詮房(まなべ-あきふさ)とともに将軍を補佐し,通貨改良,貿易制限,司法改革などをすすめて幕政の改善につとめた。徳川吉宗が8代将軍になると,政治上の地位をうしない,晩年は著述に専念。享保(きょうほう)10年5月19日死去。69歳。江戸出身。名は君美(きんみ)。字(あざな)は在中。通称は勘解由。別号に紫陽など。著作に「折たく柴の記」「西洋紀聞」,編著に「藩翰譜(はんかんぷ)」など。
【格言など】才あるものは徳あらず,徳あるものは才あらず,真材まことに得がたし(「折たく柴の記」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

新井白石

没年:享保10.5.19(1725.6.29)
生年:明暦3.2.10(1657.3.24)
近世第一級の詩人,学者。異色の経世家。上総久留里(千葉県君津郡)藩士新井正済と妻千代の子として江戸神田柳原に生まれる。呼び名は伝蔵,勘解由。名乗りは君美。号は白石,勿斎など。白石はふつう学者・政治家として知られるが,その本領は詩人である。白石が清国・朝鮮にまで知られたのは詩人としてで,幕府政治に参与後は政治家として認められ,学者として評価が定まったのは死後100年のことである。白石の少・青年期は4代将軍徳川家綱の時代で,武断政治から文治政治へ転換しつつあった寛文・延宝期(1661~80)に当たる。この時期は寛永文化の結実期で学芸が勃興の機運にあったから,白石の母譲りの文学的才能は急速に目覚めた。白石は初め父正済と共に久留里藩主土屋利直に仕え,寵愛されたが,利直死後,同家の内紛により延宝5(1677)年2月追放処分を受けて浪人となる。5年後の天和2(1682)年に大老堀田正俊へ出仕,次の正仲の代に辞去して(35歳)再び浪人。2年後の元禄6(1693)年,師木下順庵の推薦により甲府侯徳川綱豊に仕えた。綱豊が将軍世子となり(家宣と改名),綱吉の死(1709)によって6代将軍に就任するや,侍講・本丸寄合の身分で(武蔵国で知行500石のち1000石,旗本に列す)側用人間部詮房と協力して家宣を補佐。 正徳1(1711)年以後は,将軍の政治顧問的立場で内政外交両面での大改革を主導,次の7代将軍家継のときにかけて金銀貨改良・長崎貿易制限の2大事業の達成に献身,また,対朝鮮外交の刷新,対琉球外交の強化を実行した。これらの白石の献身的努力に感じて家宣は,白石との関係を「一体分身」と支持を表明する一方,「灸の如き」存在とも告白した。また幕府内部では白石は「鬼」のニックネームで呼ばれ恐れられた。この正徳政治は仁政を基本理念として空前の大赦令により罪人を釈放し,生類憐みの令を廃し賄賂請託の腐敗政治にメスを入れて人民の政治不信を解消するとともに,公平な裁判によって百姓ほか多数の庶民を冤罪から救うなど,短期間ながら成果を挙げたから正徳の治と称せられる。 上記2大事業は8代将軍吉宗にも継承され,貿易制限の方は海舶互市新令として開国のときまで効力を持った。また,ローマ教皇庁派遣の宣教師シドッティの尋問や,オランダ商館長などとの会談で,ヨーロッパの情勢を正しく把握していたことが『西洋紀聞』『采覧異言』『外国之事調書』などにうかがえる。上述の政治的業績以上に歴史的意義の大きいのは白石の広く人文・社会科学分野にわたる学問的業績で,この点フランス百科全書学派と肩をならべるとされるが,蘭学を学習するなど歴史学と洋学では不朽の先駆的業績を残した。著書は他に『古史通』『古史通或問』『読史余論』『藩翰譜』『折たく柴の記』『白石詩草』『東雅』『本朝軍器考』『蝦夷志』『南島志』『白石手簡』,『新井白石全集』(全6巻),『新井白石日記』(『大日本古記録』所収)などがある。<参考文献>青地兼山・青地麗沢編『兼山秘策』(室鳩巣書簡集),山路愛山『新井白石』,上田万年『新井白石』,宮崎道生『新井白石の研究増訂版』『新井白石』,栗田元次『新井白石の文治政治』

(宮崎道生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

新井白石

1657〜1725(明暦3年〜享保10年)【学者・政治家】「折りたく柴の記」を著わし、政治・言語・歴史にマルチな才能を発揮した学者政治家。 名は君美、白石は号。木下順庵の推挙によって甲府藩主徳川綱豊(のち家宣)の侍講となり、家宣が六代将軍になると幕政に参画、七代家継を補佐した。財政難の幕府が起こした経済インフレを是正するための貨幣改鋳や、長崎貿易制限などの正徳の治を断行。吉宗の将軍就任にともない失脚の後、自伝『折たく柴の記』をはじめ、『読史余論』や『西洋紀聞』など多数の著書を著わし、朱子学を基本として、東西歴史学、言語学に多彩な業績を残した。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あらいはくせき【新井白石】

1657‐1725(明暦3‐享保10)
江戸中期の儒学者,政治家。白石は号。名は君美(きんみ)。通称は与五郎,伝蔵,勘解由。字は在中,済美。ほかに紫陽,錦屛山人,天爵堂など。新井家はもと常陸国下妻城主多賀谷氏に仕えたが,関ヶ原の戦の後,主家とともに所領を失う。父正済(まさなり)は江戸へ出奔し,当時流行のかぶき者のような生活を送った。やがて上総国久留里土屋利直に仕え,信任を得て目付を務めたが,お家騒動にまきこまれ,1677年(延宝5)父子ともに土屋家を追い出され,他家への奉公も禁ぜられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あらいはくせき【新井白石】

1657~1725) 江戸中期の朱子学者・政治家。江戸の人。名は君美きんみ。木下順庵の門下。徳川家宣・家継に仕えて幕政を補佐し、朝鮮使節の待遇改革、金銀貨の改良、長崎貿易の制限などの事業を行なった。教学と政治の一致を理念とするその執政は「正徳の治」と呼ばれる。主著「読史余論」「藩翰譜」「西洋紀聞」「采覧異言」「折たく柴の記」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新井白石
あらいはくせき

[生]明暦3(1657).2.10. 江戸
[没]享保10(1725).5.19. 江戸
江戸時代中期の学者,政治家。白石は号,名は君美。木下順庵に朱子学を学び,甲府侯徳川綱豊に仕えた。綱豊が6代将軍家宣 (いえのぶ) になるとともに幕政に参加,いわゆる「正徳の治」を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新井白石
あらいはくせき
(1657―1725)

江戸中期の学者、詩人、政治家。名は君美(きんみ)、通称勘解由(かげゆ)、白石は号。明暦(めいれき)3年2月10日江戸に生まれる。父正済(まさなり)(1597―1678)は久留里(くるり)(千葉県君津(きみつ)市)2万1000石の譜代(ふだい)大名土屋利直(つちやとしなお)(1607―1675)の家臣で目付の職にあったが、白石もこれに仕えて利直の寵愛(ちょうあい)を得た。1677年(延宝5)21歳のとき土屋家の内争に連座して追放禁錮(きんこ)の処分を受けたが、1679年土屋家の改易により禁錮が解け、1682年(天和2)26歳に至り大老堀田正俊(ほったまさとし)へ出仕した。ところが1684年(貞享1)堀田正俊が刺殺されたため、6年後の1691年(元禄4)には堀田家を辞去し、江戸城東に塾を開いて子弟の教育にあたった。1693年、師木下順庵(きのしたじゅんあん)の推薦により甲府綱豊(こうふつなとよ)へ出仕し、侍講として儒教経典および歴史の講義を担当した。この時期の歴史編纂(へんさん)物が有名な『藩翰譜(はんかんぷ)』である。やがて1704年(宝永1)甲府綱豊が5代将軍綱吉(つなよし)の世継ぎとなり、家宣(いえのぶ)と改名して西の丸に入るや、白石も召されて西の丸寄合(よりあい)となった。いままで同様、経書、史書の講義を担当したが、のち家宣の求めにより政治上の意見書をも提出するようになり、1709年(宝永6)綱吉の死により家宣が将軍となってからは、幕府政治に深く参加することとなった。身分についていうと、この年500石の領地を与えられて旗本の列に加えられ、のち1711年(正徳1)には従(じゅ)五位下・筑後守(ちくごのかみ)に叙任されるとともに、加増されて1000石の領主となる。幕政への参加のなかでも重要な意味をもつのは、金銀貨の改良、日朝外交の修正(将軍書翰(しょかん)様式や朝鮮使節応対などの変更)、海舶互市新例(かいはくごししんれい)(外国貿易制限)の実施などである。そのほか皇子皇女の出家廃止の建議、潜入宣教師シドッチの処分案上呈(シドッチ取調べの結果生まれたのが『采覧異言(さいらんいげん)』『西洋紀聞(せいようきぶん)』)、宝永武家諸法度(ほうえいぶけしょはっと)の草案作成などがあり、大小のむずかしい裁判にも参加して数々の名判決を出させてもいる。1712年(正徳2)10月家宣が没したため、二大事業ともいうべき金銀貨改良、外国貿易制限はともに次の7代将軍家継(いえつぐ)の代まで持ち越されるが、これらは8代将軍吉宗(よしむね)の時代にも継続された政策として史的意義が深い。この6、7両代にわたる善政がいわゆる「正徳(しょうとく)の治」である。
 白石は系統をいえば朱子学派に属する儒学者であるが、哲学、倫理学よりは歴史学を得意としたのであり、その業績には『藩翰譜』のほか、将軍への進講録『読史余論(とくしよろん)』、古代史としての『古史通(こしつう)』『古史通或問(わくもん)』があり、自叙伝『折たく柴の記』も当時の現代史としての内容を備えている。上記のほか、最晩年に心血を注いで完成した作品に『史疑(しぎ)』があるが、これはいまは伝わらず、わずかに『白石遺文(いぶん)』中の古代史関係論文がそのおもかげを伝えるのみである。なお、学者白石としての業績は哲学、倫理学、史学のほか、地理学、言語学(とくに国語学)、文学(詩)、民俗学、考古学、宗教学、武学(兵法武器)、植物学(本草学)など広範囲にわたっており、国語学の『東雅(とうが)』は国語辞典の先駆として、国学者賀茂真淵(かもまぶち)や本居宣長(もとおりのりなが)に大いに利用された。文学の『白石詩草』は近世漢詩集の代表として、北海道・千島およびアイヌ研究書の『蝦夷志(えぞし)』、沖縄についての最初の体系的解説書の『南島志(なんとうし)』は民俗学上の傑作として、それぞれ高く評価されている。『采覧異言』『西洋紀聞』の史的役割の大きいことは改めていうまでもない。この学問の領域の広い点では、ボルテールやディドロ、ルソーらフランス18世紀の百科全書派(アンシクロペディスト)に比肩するとされる。
 白石は近世後期、18世紀ごろからは荻生徂徠(おぎゅうそらい)にかわって第一級の学者として評価されるが、在世当時およびそれに近い時期においてはむしろ詩人として、日本最高の詩人として尊敬されていたのである。前記『白石詩草』は朝鮮、琉球(りゅうきゅう)、中国清(しん)朝にも伝わって絶賛を博したし、国内でも荻生徂徠が一目置いたほか、服部南郭(はっとりなんかく)や頼山陽(らいさんよう)によって仰ぎ見られたのである。近代になると、その洋学と合理主義史学とによって学界でとくに尊重され、相次いで著書、全集の刊行が行われるが、その代表著は翻訳されて欧米でも広く読まれている。享保(きょうほう)10年5月19日没、浅草報恩寺に葬る(墓は現在、中野区高徳寺にある)。[宮崎道生]
『栗田元次著『新井白石の文治政治』(1952・石崎書店) ▽古川哲史著『新井白石』(1953・弘文堂) ▽宮崎道生著『新井白石』(1957・至文堂) ▽宮崎道生著『新井白石の人物と政治』(1977・吉川弘文館) ▽宮崎道生著『新井白石の研究』増訂版(1984・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新井白石の言及

【アジア】より

…後者はオランダ人ヨハン・ブラウの《地球図》(1648)をもとに,シドッチらの供述を合わせて作られた。シドッチの訊問に当たった新井白石は,その《采覧異言》の中で,〈アジア 漢に亜細亜(ヤアスイヤア)と訳するは即此(すなわちこれ)〉と記し,漢字表記の亜細亜を避け,かたかなによるアジアの表記を選んでいる。この系統の地図は《新製地球万国図説》(桂川国瑞,1786)など,アジアとかたかな表記を採用している。…

【異国日記】より

…近世初期に,外国あて書簡の執筆,朱印状の発給に当たった禅僧が,その職務を記した記録。原本は京都市南禅寺金地院にあり,1712年(正徳2)新井白石が発見した。筆者は豊光寺承兌,円光寺元佶,金地院崇伝で,中でも崇伝の記録が主要な部分を占める。…

【奥羽海運記】より

…河村瑞賢の東廻・西廻両航路の刷新事業について記した基本的文献。新井白石著。1巻。…

【荻原重秀】より

…彼の改鋳は悪貨を出して改鋳差益金(出目)を稼ぐとともに,物価を混乱させたと非難する者も少なくないが,(1)元禄期の拡大された経済に見合う通貨を供給する,(2)金銀両通貨圏のバランスを取り直すための両通貨の品位の調節という積極面を見落とすことはできない。新井白石一派からは不俱戴天の敵とねらわれ,12年の銀座商人摘発事件に連座して罷免され獄死。【大石 慎三郎】。…

【折たく柴の記】より

新井白石の自叙伝。3巻。…

【古史通】より

新井白石の史論。4巻。…

【サクラ(桜)】より

…すなわち,福岡藩儒医で,当時,日本最高の博物学者であった貝原益軒(1630‐1714)は,わざわざ長崎へ行き,中国から来た貿易商人に会って質問し,中国にサクラがないという情報を得,これをもとに叙上の記載をなしたのである。サクラが中国にないという新情報は,延宝年間(1673‐81)の日本知識人に強烈な衝撃を与えたらしく,もうひとり,同時代の百科全書的大学者である新井白石(1657‐1725)も,近世言語学の古典と仰がれる《東雅(とうが)》(生前未刊行,写本のみ流布)のなかに〈むかし朱舜水(しゆしゆんすい)に,ここの桜花の事を問ひしに,桜桃は此にいふサクラにあらず,唐山にしても,もし此にいふサクラにあらむには,梨花(りか)海棠(かいどう)の如き,数ふるにたらじと,我師也(わがしなりし)人は語りき〉と記述している。わが師なりし人とは木下順庵(1621‐98)をさし,朱舜水(1600‐82)とは長崎に亡命してきた明の儒者で,のちに帰化して水戸藩で古学的儀礼や農業実学などを講じた学者である。…

【辞書】より

…谷川士清(ことすが)の《和訓栞(わくんのしおり)》93巻(1777(安永6)以後の刊行)は古語のほか俗語方言なども収め,五十音順であり,太田全斎の《俚言(りげん)集覧》(増補本は1900)は俗語を集めたもので,アカサ…イキシ…の順で並べてある。 このほか特殊辞書には,語源辞書として松永貞徳の《和句解》(1662∥寛文2),貝原益軒の《日本釈名》(1700∥元禄13),新井白石の《東雅》(1717(享保2)成立),契沖の提唱した歴史的仮名遣いを整理増補した楫取魚彦(かとりなひこ)の《古言梯》(1764(明和1)成立),方言辞書で越谷吾山《物類称呼》5巻(1775∥安永4),類書として寺島良安の《和漢三才図会(ずえ)》105巻(1712(正徳2)成立),山岡浚明の《類聚名物考》(1903‐05)などがある。
[明治時代以後]
 ヨーロッパの辞書の影響を受けて,その体裁にならった辞書が生じた。…

【シドッチ】より

…屋久島に単身上陸したが直ちに捕らえられ,長崎を経て江戸へ送られ,小石川切支丹屋敷に幽閉され5年後に没した。その間,新井白石はシドッチを尋問し,彼から得た世界情勢,天文,地理などの情報をもとに《西洋紀聞》《采覧異言(さいらんいげん)》などを執筆した。これらは鎖国下の世界知識の源となり,洋学の基となった。…

【正徳・享保金銀】より

…元禄・宝永期(1688‐1711)の貨幣改鋳(元禄金銀)により,幕府は金銀貨の品位を低下させて通貨量の増大をはかったため,物価は上昇し,通貨に対する信用が失われた。7代将軍徳川家継の補佐役新井白石は1714年(正徳4)5月,改鋳益金によって華美な奢侈的生活をしていた銀座年寄の中村内蔵助らの粛清を断行し,慶長金貨と同品位の正徳小判,正徳一分金を発行,さらに同年8月には慶長銀貨と同品位の正徳丁銀,豆板銀を造った(正徳金銀)。16年(享保1)8代将軍となった吉宗は享保改革に着手した。…

【正徳の治】より

…江戸中期,1709年(宝永6)から15年(正徳5)まで7年にわたる6代将軍徳川家宣,7代家継の治世の通称。家宣は幕府内外からの期待をうけて将軍となり,生類憐みの令の廃止を手始めに前代の弊政の改廃につとめ,側用人間部詮房(まなべあきふさ),侍講新井白石がこれを補佐した。家宣は前将軍綱吉同様儒学を信奉し,新井白石の助言も加わって,その施策の基調に儒学の色調が濃く,また政治は将軍と側近に主導され,閣老の発言力が弱かったことも前代同様である。…

【神儒一致論】より

…朱子学派ではあるが広く地誌・教育・経済の領域に業績を残した貝原益軒は神社史の考証とともに神儒併行論を主張した。新井白石は朱子学系統の学者ではあるが日本の歴史地理にも通暁し,その著書《古史通》において神代史に対し合理的解釈を展開,〈神は人なり〉の立場から,儒教的合理主義の神道観を究極まで発展させた。古学派の祖山鹿素行も広田坦斎から忌部流の神道を伝授されたと伝えているが(《配所残筆》),これが彼の武学思想における日本主義的傾向の一要因となったことは確かである。…

【中東】より

…安土桃山時代には南蛮人の渡来に伴いムスリムとの接触があったものと思われるが,徳川時代中期までは,中国イスラムあるいは中国文献によるイスラムの知識が中心であった。西洋人を経由した知識は,たとえば新井白石の《西洋紀聞》にみられるが,鎖国政策の影響に加えキリシタンに対する関心が主要な時代であったので,白石の知識もキリスト教と並んでイスラムがあるという程度にすぎない。明治時代以前の事情については,小林元の《日本と回教圏の文化交流史》(1975)が詳しい。…

【東雅】より

新井白石著の注釈書(辞書)。1719年(享保4)脱稿。…

【読史余論】より

…摂関政治の開始から徳川家康制覇に至る政権の変遷経過を論じた史書。新井白石著。3巻。…

【野宮定基】より

…累進して88年(元禄1)左中将,1704年(宝永1)参議,09年正三位となり,11年6月29日病気危急に及び権中納言に進み,同日没した。松堂と号し有職の学に詳しく,新井白石との問答を筆記した《本朝故実記》《車服問答》《新野問答》があり,《装束温故抄》《平家物語考証》《群記類鑑》などの著がある。【橋本 政宣】。…

【藩翰譜】より

…1600年(慶長5)から80年(延宝8)までの間に徳川将軍に臣属した諸大名家の系譜と歴代の伝記の集成。新井白石著。13巻(正編10巻,付録2巻,凡例・目録1巻)20冊。…

【評定所】より

…したがって現在の上級審とは機能が異なる。 評定所の機構はこのように17世紀後半にほぼととのったが,その後ゆるみはじめ,17世紀末から18世紀初頭(元禄~正徳期)にかけて審理の遅滞,判決の不公正化のいちじるしかった事例が,新井白石《折たく柴の記》に詳しく記してある。白石はその改善に努力し,1712年,16年に評定所へ詳細にわたる訓令を発したが,享保改革において将軍吉宗はその改革に強い関心をよせ,強力にこれを推進した。…

【武家諸法度】より

…旗本,御家人に対しては,これまで諸士法度(1632初定)が適用されてきたが,綱吉のときから武家諸法度にのっとることとなった。6代家宣の1710年(宝永7)の法度は新井白石の起草にかかり,17条から成る流麗な和文体であったが,1717年(享保2)8代吉宗は綱吉の天和法度にもどし,それより代々天和法度が用いられることになった。うち,幕末ペリー来航の翌1854年(安政1),13代家定の法度は,大船製造を届出制により許可した。…

【間部詮房】より

…09年家宣が将軍に就任すると老中格側用人に昇り,翌年高崎城主として5万石を領するに至った。詮房は侍講新井白石とともに将軍家宣を補佐し,前代の弊政改革に努め,12年(正徳2)家宣死去後も幼主家継のもとで施政に奮闘し,〈正徳の治〉と称される安定期をもたらした。しかししだいに白石とともに幕府内で孤立し,16年(享保1)8代将軍吉宗の代に幕政の中枢から失脚。…

【邪馬台国論争】より

…古くには,《日本書紀》神功皇后摂政39年条などが《魏志》を引用して〈倭の女王〉のことにふれているように,邪馬台国を畿内大和とし,卑弥呼は神功皇后であると暗に考えられていたが,邪馬台国は,大和ではないとする考え方がみられるようになるのは,近世に入ってからであった。 邪馬台国を筑後国山門(やまと)郡に最初に比定したのは新井白石であった。新井は,はじめは伝統的解釈にしたがって,邪馬台国を大和国としていたのであるが,対馬国以下,狗奴(くな)国にいたるまでの倭の諸小国を,すべて九州内の地名に比定していたので,邪馬台国だけを九州から切り離して位置づける不合理さに気づいて,邪馬台国を筑後国山門郡とするようになったのであろう。…

※「新井白石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新井白石の関連キーワード山本梅屋魏源稽古談経世家異色一級経世第一流茶帯北の詩人

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新井白石の関連情報