コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正木段之進 まさき だんのしん

2件 の用語解説(正木段之進の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正木段之進 まさき-だんのしん

1689-1776 江戸時代中期の武術家。
元禄(げんろく)2年閏(うるう)1月3日生まれ。美濃(みの)(岐阜県)大垣藩士正木利品の長男。古藤田又八郎俊矩に一刀流剣槍(けんそう)術を,香取金兵衛時雄(ときかつ)に先意流薙刀(なぎなた)術をまなぶ。のち正木流薙刀術をあみだし,正木流玉鎖(万力鎖)を創案した。安永5年4月5日死去。88歳。名は俊光,利充。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

正木段之進

没年:安永5.4.5(1776.5.22)
生年:元禄2.閏1.3(1689.2.22)
江戸中期の武術家。大垣藩士正木利品の嫡男として美濃国(岐阜県)大垣に生まれる。享保6(1721)年家督を継ぎ,藩主戸田氏定,氏長,氏英の三代に仕え,家禄250石を得た。父に剣と源流居合を学び,18歳で唯心一刀流の古藤田俊矩の門に入る。23歳で先意流薙刀を香取時雄に学ぶ。その間,槍と遠当術を工夫し変離流と称す。60歳で,長さ60cm余の鎖の両端に分銅を付けた万力鎖術を創始。これらを大成した正木一刀流剣術を教授して,剣名を高めた。同流はその合理的な術理と,稽古用具や防具の工夫にすぐれ,段之進には敵を制圧する気の効用を具現した逸話が多くある。

(名和弓雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正木段之進の関連キーワード横山隆達正木流小野弥助里村随心高岡夢堂戸田三弥中川濁子堀貞則宮崎荊口宮崎此筋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone