正田 淑子(読み)ショウダ ヨシコ

20世紀日本人名事典の解説

正田 淑子
ショウダ ヨシコ

大正・昭和期の教育者 満州帝国道徳総会顧問。



生年
明治10(1877)年1月

没年
昭和17(1942)年1月15日

出生地
栃木県佐野町(現・佐野市)

学歴〔年〕
日本女子大学〔明治37年〕卒,コロンビア大学大学院〔大正12年〕修了

経歴
明治37年に日本女子大学を卒業後、桜楓会で教育部長となる。43年アメリカに渡り、タイピストとして働きながらコロンビア大学に通った。大正12年同大学大学院を修了。帰国後は昭和8年に退職するまで母校日本女子大学に勤務し、教授や社会事業部長などを歴任。12年以降は満州で社会教化事業に携わり、満州帝国道徳総会顧問を務めた。著書に「賃金制度の諸問題」「図解的英文法」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android