正田 貞一郎(読み)ショウダ テイイチロウ

20世紀日本人名事典の解説

正田 貞一郎
ショウダ テイイチロウ

明治〜昭和期の実業家 日清製粉創業者。



生年
明治3年2月26日(1870年)

没年
昭和36(1961)年11月9日

出生地
神奈川県横浜市

出身地
群馬県

学歴〔年〕
東京高等商業学校〔明治24年〕卒

経歴
家業の醬油醸造業に従事、明治33年館林製粉株式会社を創立、専務取締役、40年館林製粉と日清製粉が合併、新たに日清製粉と改称、本社も東京に移し専務となり、大正13年社長、昭和11年会長。17年東武鉄道会長も務めた。22年日清製粉会長を辞し、24年相談役。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

正田 貞一郎 (しょうだ ていいちろう)

生年月日:1870年2月28日
明治時代-昭和時代の実業家。日清製粉社長
1961年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android