正親町三条尹子(読み)おおぎまちさんじょう ただこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正親町三条尹子 おおぎまちさんじょう-ただこ

?-? 室町時代,足利義教(よしのり)の妻。
権(ごんの)大納言正親町三条公雅(きんまさ)の娘。正親町三条実雅(さねまさ)の妹。永享3年(1431)将軍足利義教の室となる。9年従一位。養母として義教の長男義勝(よしかつ)をそだてる。嘉吉(かきつ)元年赤松満祐(みつすけ)に義教が殺害され,出家。瑞春院と号した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android