コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正訓 セイクン

デジタル大辞泉の解説

せい‐くん【正訓】

漢字本来の意味に即した訓読みのしかた。
万葉集などの用字法の一。漢字本来の意味に基づく訓によるもの。「やまかわ」を「山河」と表記する類。→義訓(ぎくん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいくん【正訓】

正しい訓。特に万葉集などの表記で、漢字のもつ意味本来の用い方に従った訓によるもの。「山」を「やま」、「風」を「かぜ」と読むなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

正訓の関連キーワード運命の子 トリソミー/短命という定めの男の子を授かった家族の物語金森 通倫視能訓練士鈴木雅之脊柱変形橋本稲彦平田銕胤用字法ORT賑わう万葉集眼科義訓かぜ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正訓の関連情報