コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武侯祠 ぶこうし

1件 の用語解説(武侯祠の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ぶこうし【武侯祠】

中国の陜西(せんせい)省漢中の勉県県城から西3kmにあり、紀元263年に創建された道教の霊廟(れいびょう)。所在地は、諸葛孔明が北伐時に行轅府を置いていた場所である。◇最も古い武侯祠であり、皇帝の詔勅によって修復された唯一の武侯祠であることから、「天下第一武侯祠」と称されている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内の武侯祠の言及

【成都】より

…市西郊浣花渓(かんかけい)には唐の詩人杜甫の成都時代の住居,草堂があり,工部祠には多くの資料が集められている。その他,蜀の諸葛孔明をまつった武侯祠や後漢に建設された宝光寺など旧跡も多く,成都は四川省の政治,経済,文化の一大中心となっている。巴蜀【駒井 正一】。…

※「武侯祠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武侯祠の関連情報